FC2ブログ

鍼灸で夢と希望を

兵庫県芦屋市の針灸専門治療院。JR芦屋駅より徒歩4分のSORA鍼灸院です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

読書の秋



センス・オブ・ワンダー 単行本 – 1996/7
レイチェル・L. カーソン (著), Rachel L. Carson (原著), 上遠 恵子 (翻訳)
amazonサイトへ


読書の秋ということで、好きな本のご紹介です。
"The Sense of Wonder" 訳せば、「神秘さや不思議さに目を見はる感性」です。
特に、子どもと接する機会がある方には、おすすめです。

私(院長)は、もともと大学では農学部の専攻でした。
特にこれが勉強したい、ということで選択したわけではありませんが、ただ漠然と自然が好きで、虫も好きで、自然環境問題にも興味があり、その進路を選びました。
その環境問題を語る上で外せないのは、このレイチェル・カーソンではないでしょうか。
著者は知らなくとも、「Silent Spring (沈黙の春)」はご存知かもしれません。
「環境汚染にいち早く警鐘を鳴らした書」として紹介されています。

そのレイチェルの遺作として、友人らにより出版されたものがこの本です。
(これは翻訳本ですが、原本もあります。



こちらも写真が綺麗で、英語も読みやすく、おすすめです。)

昔読んでいたかもしれませんが、今、子どもができて読むと、さらに心に響くものがあります。
純真な子どもといると、その好奇心に、感心することがあります。
大人は気にも留めないようなことにも、目が向きます。

例えば、雨の日となれば大人には面倒で億劫なことのように思えますが、子どもにとっては楽しみに変わります。
いつもと違う長靴を履いたり、傘をさしたり、雨音や水たまりが嬉しかったり。
雨の雫が顔に当たればもう大興奮だったりします。
本書にも、「雨の日は、森を歩きまわるのにはうってつけだ」とあります。

大人になると、そんな
「澄みきった洞察力や、美しいもの、畏敬すべきものへの直感力」
が鈍っていることに気づきます。

「そんな生まれつきそなわっている子どもの「センス・オブ・ワンダー」をいつも新鮮にたもちつづけるには、わたしたちが住んでいる世界のよろこび、感激、神秘などを子どもといっしょに再発見し、感動を分かち合ってくれる大人が、すくなくともひとり、そばにいる必要があります。」

「どのように子どもを教育すべきか頭をなやませている親にとっても、「知る」ことは「感じる」ことの半分も重要ではない」

「消化する能力がまだそなわっていない子どもに、事実をうのみにさせるよりも、むしろ子どもが知りたがるような道を切りひらいてやることのほうがどんなにたいせつであるかわかりません。」

「子どもといっしょに自然を探検するということは、まわりにあるすべてのものに対するあなた自身の感受性にみがきをかけるということです。それは、しばらくつかっていなかった感覚の回路をひらくこと、つまり、あなたの目、耳、鼻、指先のつかいかたをもう一度学び直すことなのです。」

などなど。

親としても、鍼灸師としても、とても参考になる一冊です。

カテゴリー:  / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2016/10/22 13:45 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。