FC2ブログ

鍼灸で夢と希望を

兵庫県芦屋市の針灸専門治療院。JR芦屋駅より徒歩4分のSORA鍼灸院です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

幸せになるために




幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII
amazonサイトへ


 アドラー心理学を説いたベストセラー「嫌われる勇気」の続編です。前回に引き続き、アドラーの教えがわかりやすく頭に入ってきました。いくつかアドラー本を読みあさりましたが、この2作は具体的な例もあってより理解を深めます。多くの人に読まれる理由もわかる気がします。一度読んだところで全て記憶には残らないので、機を見て何度も読み返したいと思います。

 今回は教員になった青年との対話なので、特に「教育」について説かれています。ということは、これもまた「子育て」に大いに役立ちます。(元々アドラーは、児童相談所を設立し、子どもの教育のための活動も精力的に行われていました。→アドラーの子育て論) 子供のためといっても、子は親の鏡であるように、結局、自分を省みることになります。

 アドラーの考えだと、多くの問題が、周りの人や事象ではなく、自分にかかっていると思われます。まわりに不満が出てしまうときも、自分に不足があるからのように感じます。自分を見つめ直し、いかに自分とまわりを変えていくことができるか、まさにその「勇気」が試されてきます。

 教育においても、子育てにおいても、はたまた治療においても、「自立」という目標の奥深さを考えさせられました。

カテゴリー:  / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2016/05/24 17:57 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。