FC2ブログ

鍼灸で夢と希望を

兵庫県芦屋市の針灸専門治療院。JR芦屋駅より徒歩4分のSORA鍼灸院です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アトピー性皮膚炎診療ガイドラインの改訂

 当院には、「アトピー性皮膚炎」の患者さんが多く来られます。「鍼灸院」に来られるということは、「皮膚科」での一般的な治療(標準治療、保険治療)に、何か不満や物足りなさを感じられている方々になります。圧倒的に多いのは、「ステロイド」に対しての不安です。

 皮膚科で治療の経過や外用薬の使い方などあまり説明を受けていない患者さんが驚くほど多くおられます。

 「同じ薬を塗り続けて、だんだん効かなくなってきた。」

 「綺麗になっても、薬を止めるとすぐに症状が出てくる。」

 「副作用や依存が心配だ。」

という声が聞かれます。

 当院の治療では脱ステロイドの方、ステロイド外用薬併用の方もおられます。皮膚の炎症が強い方は、やはり後者が経過は良いです。炎症が治まった後の皮膚もより白く、綺麗になりやすいです。皮膚の炎症が減る分、内臓のケアに手がかけられます。脱ステロイド中で炎症の強い方は、鍼灸治療後楽にはなられますが、持続が短いです。皮膚の炎症にエネルギーが使われる分、消耗も増え、中々内臓が強くなりません。

 お医者さんの主義もあるでしょうが、皮膚科で説明がされれば不安の多くが解決されると感じています。ただ、標準治療でも、完全ではないところがあってそこを鍼灸治療でフォローします。主に皮膚の再生を促したり、内臓のケアを行ないます。

 アトピー性皮膚炎診療ガイドラインは2000年に初めて作られました。比較的新しいです。医療の混乱も想像できます。標準治療は一握りの方だけでなく、多くの方に効果があるからこそ標準治療になります。アレルギーや体の仕組みもここ数年で飛躍的にわかってきたようです。

 そして先月、2009年以来7年ぶりに、日本皮膚科学会が、そのガイドラインを改訂しました。日経メディカルがまとめていたものをいくつか取り上げさせてもらうと、


・ これまで同様、薬物療法の基本は、ステロイド外用薬とタクロリムス外用薬を組み合わせた抗炎症外用薬で、アトピー性皮膚炎の炎症を速やかに、かつ確実に鎮静させること。

・ 再燃をよく繰り返す皮疹に対するプロアクティブ療法を初めて推奨

※ プロアクティブ(proactive)療法とは、急性期の治療により寛解導入した後に、保湿外用薬によるスキンケアに加え、ステロイド外用薬やタクロリムス外用薬を定期的に(週2回など)に塗布し、寛解状態を維持する治療法。

・ プロアクティブ療法実施時に、皮膚炎の病勢マーカーとして、TARC を測定することが有用。ただし、血清TARC値は、小児では年齢が低いほど高くなることから、基準値が年齢により異なることに注意。

・ タクロリムス外用薬は、これまで皮膚癌やリンパ腫の発症リスクが指摘されることがあったが、これまでの国内外の研究から「発症リスクを高めるとはいえない」とした。ただし今後、さらに大規模な解析が必要であることから、外用量の制限を遵守することが重要。

・ 経口の抗ヒスタミン薬については、「抗炎症外用薬と保湿外用薬による治療の補助療法」と位置付けた上で推奨。だが、「抗ヒスタミン薬が全ての患者の痒みに効果があるわけではない」とし、痒みへの有効性を患者ごとに評価することを求めた。

・ コントロール困難な患者に対して、シクロスポリンの内服を、「行ってもよい」とした(小児は適応外)。

・ 紫外線療法は、「抗炎症外用薬や抗ヒスタミン薬、保湿外用薬などによる治療で軽快しない例やコントロールできない例、従来の治療で副作用を生じている例に考慮される治療法」と位置付けた。

・ 生活指導に関しては、「汗をかくこと(発汗)」自体に症状を悪化させる根拠はないとし、「発汗を避ける指導は必要ない」とした。一方、「かいた後の汗」は痒みを誘発することがあることから、放置せず、洗い流すなどの対策を行うことを推奨。

・ 妊娠・授乳婦に食事制限(アレルゲン除去)をしても、児のアトピー性皮膚炎の発症予防効果が認められず、逆に未熟児の発症リスクなどが増加していたという研究報告を受けて、「妊娠・授乳婦への食事制限(アレルゲン除去)は児の発症予防に有用ではない」とした。


 などです。下の二つは、かつて言われていたことと、違ってきています。不要な生活への制限が少しでも緩和されていくといいですね。


 改訂ガイドラインは、ネットでも読めますので、ご覧ください。

アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2016 年版 (pdf)
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/atopicdermatitis_guideline.pdf

 
カテゴリー: アトピー性皮膚炎 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2016/03/04 11:18 ] アトピー性皮膚炎 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。