FC2ブログ

鍼灸で夢と希望を

兵庫県芦屋市の針灸専門治療院。JR芦屋駅より徒歩4分のSORA鍼灸院です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

なぜ沖縄が長寿だったのか?


先月の大寒波に見舞われる前、沖縄へいってきました。
海は入れませんが、こちらの春、秋くらいの気温でとても暖かかったです。
冬はオフシーズンらしく、飛行機もホテルも空いていて、ゆっくりできました。

沖縄といえば、かつては30年近く平均寿命1位の長寿の県でした。
現在(2010年調査)は、長野県が男女とも1位となっていますね。
沖縄は、男性は30位、女性も3位と、順位を下げています。
ただ寿命が長ければいいとは思いませんが、健康の一つの指標とはなります。
(平均寿命についてはこちら

その長野県が1位になった要因や、沖縄県が首位から陥落した要因など、
健康番組など見かけたこともあるかもしれません。
その中でよく注目されるのが、食事です。

長野県は、脳血管障害の死亡率がトップクラスだったので、
県を上げて減塩等に取り組んだそうです。
他にも、自然の厳しさが作物、そして体にも好影響を与えているなど。
野菜や果物なども自給自足が維持されているようです。

一方沖縄県は、米軍占領下時からの急速な食の欧米化が原因ともいわれます。
県内のスーパーでよく見たスパム、コンビーフなどの加工食品もその一つでしょう。
沖縄で昔から食べられている伝統食には、地元で採れる野菜や海藻、魚、
豆腐などの大豆食品も多くありました。
その土地で摂られたものを食している頃は、良かったのでしょう。

そして沖縄は、日本一肥満者(BMI)の多い県でもあります。
(厚生労働省 H24 国民健康栄養調査
ただ肥満度だけで見ると、男性は3位、女性は1位で、寿命に伴っていません。
肥満そのものより、そうなる状況も問題なのだと思います。


そして少し前ですが、沖縄県における主要死因の死亡率の調査があります。

沖縄県における平均寿命,年齢調整死亡率,年齢階級別死亡率の推移(1973-2002)

象徴的なのは、男女ともに30~50代の死亡率の高さです。
急性心筋梗塞、脳血管疾患、肝疾患、糖尿病、自殺等の死亡率が高いです。
肝疾患、糖尿病は、飲酒飲食の影響も大きそうですね。
高齢者の健康によって、今の寿命が保たれてはいないでしょうか。
この先、さらに短命の県となるかもしれません。

上記サイト中の
表4.主要死因の年齢調整死亡率および年齢階級別死亡率の都道府県順位
を眺めて思うのは、年代によってかなり差があります。
これほどパキッと分かれるのは、何か不自然に感じます。
調べたり聞いたりしていると、それには、戦争も大きくかかわっているようです。

沖縄は戦争時に、多くの県民が亡くなられました。
その世代 = 今の高齢者の人口が、人為的に少なくなっています。

そして出生率は、41年連続全国1位のようで(沖縄タイムス )、
高齢化率は、全国で最も低くなっています。
(平成27年 19.0% ; 内閣府 高齢社会白書 第1節 高齢化の状況

それに加え、戦後の本土復帰の際の沖縄振興開発特別措置法により、
保健衛生施設、社会福祉施設の整備、医療の確保など、
医療・福祉関係に特別の補助が行なわれています。

例えば、無医地区における医療の確保や、
離島の地域における高齢者の福祉の増進などがあります。
(沖縄振興開発特別措置法 第7章その他の特別措置

つまり、沖縄の高齢者には医療・福祉が充実していて、その人口自体も少ない。
沖縄が長寿であったのは、そういった戦争の影響も関係しているようです。


そして、働き世代の自殺が多いのは、社会的背景も考えられないでしょうか。
全国最下位の所得の低さ、離婚率の高さなどもあります。
(内閣府 県民経済計算(平成13年度 – 平成24年度)
(総務省 統計局 統計データ 日本の統計 第2表 人口・世帯


寿命に影響すると考えられるのは、食事以外にも、
人口構成や、経済状況、家庭状況など。
調べれば調べるほど複雑です。
また、旅行をして沖縄で感じたのは、人々のやさしさや、豊かな自然。
そういった沖縄独特の精神風土なんかも影響しているように思いました。


統計ではその原因を探ることはできませんが、
健康にはいろんな要因があるということは、
わかったように思います…


カテゴリー: 健康づくり / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2016/02/02 16:07 ] 健康づくり | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。