FC2ブログ

鍼灸で夢と希望を

兵庫県芦屋市の針灸専門治療院。JR芦屋駅より徒歩4分のSORA鍼灸院です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

いただきます映画祭

先日、12月2日から6日まで神戸アートビレッジセンターで開かれている『いただきます映画祭』に行ってきました。
食育をテーマに選ばれた5作品が上映されています。

どれも興味深かったのですが、時間の関係もあって、「ある精肉店の話」と「パパ、遺伝子組み換えってなぁに?」の2作品を観てきました。

「ある精肉店の話」は、
大阪にある精肉店が、牛を育てるところから、と場で牛をさばき、出荷するところまでを担う一家の生活を追ったもので、食肉について考えさせられるだけでなく、携わる家族の生活と、これまでの歴史、これからの模索も見せていく、とても濃い内容でした。
でも作品に重苦しさはなく淡々と映像が進みます。

「パパ、遺伝子組み換えってなぁに?」は、
よく聞く「遺伝子組み換え生物=GMO」についてのドキュメンタリー映画です。
ある家族が、子供のためにその真実を追い求めていく様子は、小さい子を持つ私たちにとっても、興味深いストーリでした。
「食の安全」についてから、「自然環境問題」、「種の多様性」についてまで、いろいろ考えさせられる内容でした。
GMOが、単に体にとって大丈夫なのか?悪いのか?という話だけではなく、もっと大きな視点で考える必要があります。
今さえ良くば、自分さえ良くばの考えは、到底許されるべき問題ではないでしょう。


毎日の「食」について、私たちに届くまでの様子や背景を、垣間見せてくれる良い作品でした。

5日、6日には食に携わる方々のトークイベントや、農薬や化学肥料を使わない生産者によるマルシェ、餅つきも企画されています。
お時間のある方は是非お出かけください。

いただきます映画祭
http://kavccinema.jp/lineup/5525

[ 2015/12/04 16:48 ] 子育て | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。