FC2ブログ

鍼灸で夢と希望を

兵庫県芦屋市の針灸専門治療院。JR芦屋駅より徒歩4分のSORA鍼灸院です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

献血で糖尿病検査

 会社勤めではない、自営業だったり、主婦の方は、健康診断をされていない方も少なくありません。大きな病気でもしなければ、検査する機会もないでしょう。そんな健康そうな患者さんでも、膵臓の反応点が気になる時、糖尿病の家系である時、おススメするのが献血です。

 私(院長)も、献血が趣味のように通う時期がありました。献血をすると、後日簡易的な血液検査結果を通知してくれます。その検査項目に、いつからか「グリコアルブミン(GA)」という検査値が追加されました。この数値が、血糖の指標となります。

 「血糖値」は、「空腹時血糖値」や「食後血糖値」とあるように、直前の食事内容によっても変化します。変化しやすいものだけでは、疾病の判断としては不向きです。

 そこである一定期間の平均の血糖を表わすものに、「HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)」や、「GA(グリコアルブミン)」などがあります。どちらも血糖と結合して変化した物質ではありますが、その半減期の違いから、HbA1cは過去1,2か月程度の平均血糖値を、GAは過去2週間程度の平均血糖値を表わします。

 期間だけでなく結合の違いから、ごく短時間に現れる高血糖には、GAのほうが敏感に反応しやすいようです。つまり、食後高血糖の評価にも、GAが適しているとされています。※1 他にも、合併症である冠動脈疾患との相関は、HbA1cよりGAの方が優れているとも言われています。※2 血糖変動幅(血糖値が高いときと低いときの差)が大きいほど酸化ストレスを生じやすく、動脈硬化が進行しやすいと考えられているため、糖尿病合併症リスクの評価としてもGAはいいのでしょう。

 献血可能な方は、献身的でもある健康チェックとして、献血をおススメします。自覚症状の乏しい病気は、未病治が大事です。問題点がわかれば、それに対する術があります。


※1
HbA1c, fructosamine, and glycated albumin in the detection of dysglycemic conditions.
Ribeiro RT, Macedo MP, Raposo JF1.
Curr Diabetes Rev. 2015 Jul 1.


※2
Serum glycated albumin is superior to hemoglobin A1c for correlating with HMGB1 in coronary artery disease with type 2 diabetic mellitus patients.
Yin J1, Jin D2, Wang H1.
Int J Clin Exp Med. 2015 Apr 15;8(4):4821-5.



カテゴリー: 糖尿病 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2015/07/12 10:15 ] 糖尿病 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。