FC2ブログ

鍼灸で夢と希望を

兵庫県芦屋市の針灸専門治療院。JR芦屋駅より徒歩4分のSORA鍼灸院です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

耳管開放症の鍼灸治療

 耳がふさがったような感じのある、「耳閉感」。自分の声や呼吸音が耳に響くといった、「自声強調」。これらを特徴とする、「耳管開放症」という病名があります。病院では治療が難しいと言われる患者さんが、治療院には来られます。その原因もはっきりしておらず、あまり知られていないこともあるでしょう。

 似たような症状で耳閉感がより強い、「耳管狭窄症」という病名もあります。こちらはその病名通り、耳管が狭まります。原因は浮腫(むくみ)が主に考えられることから、その浮腫を(主に炎症を)改善すれば良くなることは容易に考えられます。

 では耳管開放症は? 耳管狭窄症と同じ原因だとすれば、同じように治療すれば逆効果では? ところが治療を進めて行くと改善していきます。

 一般的には、急な体重減少で発症することも多いことから、耳管内にある脂肪組織(オストマン脂肪体)の「やせ」が原因の一つともされています。しかし、耳管開放症の方は、あるきっかけで、急にその症状が現われたり、治まったりすることもよく聞きます。それは、組織の問題だけではないと考えます。

 一つは、耳管を開放させる筋(口蓋帆張筋、口蓋帆挙筋)があるということ。この筋が何らかの原因で継続的にスパズムを起こせば、耳管は開放し続けることになるでしょう。何らかの原因とは、反応点治療の理論から同じ三叉神経(Ⅴ-ⅲ)支配の領域にあると考えられます。結果的には、耳管狭窄症も含め、耳鳴りなど耳に不具合を起こす症状の治療と共通します。

 耳管を取り巻く筋に直接鍼をしなくとも、治療ポイントはその周辺にあります。

カテゴリー: 耳鳴り・難聴 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2015/06/26 17:42 ] 耳鳴り・難聴 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。