FC2ブログ

鍼灸で夢と希望を

兵庫県芦屋市の針灸専門治療院。JR芦屋駅より徒歩4分のSORA鍼灸院です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

基準値を「考える」



基準値のからくり (ブルーバックス)


 健康診断をすると、検査値が出てきます。自覚症状とは別に、客観的に身体の状態を教えてくれる便利なものです。基準値と比べることで、他者との比較も行なえます。

 しかし、そもそもその基準値は、どのように設定されているのか?そのからくりを一部わかりやすく教えてくれています。

 具体的な基準値の内容は、「へー」と思うことも多かったです。(食の安全は、食文化が大きく関係していることなど。) その中でも、一番印象に残ったのは、アメリカの衛生工学者ウィリアム・セジィック氏の言葉。

 「基準というものは、考えるという行為を遠ざけてしまう格好の道具である」

 基準値(正常値)に入っていれば安心し、外れれば不安にかられる。しかしその基準値が本当に、「安全」を約束してくれているのか?もちろん例外もあれば、個人差などもあります。あくまで統計上の平均値であって、その人(モノ)にとっては、正常ではないこともあります。(そもそも安心とか安全とか正常という基準も、人によって違ってきます。)

 となると、結局最終的には、その個々で、その時々で、「考える」ということを忘れてはならないのでしょう。(それには「基準値」というものがどのように決められているのか、知っておくこともいいのでしょう。)

カテゴリー:  / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2014/11/14 10:44 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。