FC2ブログ

鍼灸で夢と希望を

兵庫県芦屋市の針灸専門治療院。JR芦屋駅より徒歩4分のSORA鍼灸院です。

食べる順番

「好きなものから食べる派」か「好きなものを最後まで残しておく派」か、ということではなく、食べる順番が食後血糖値の変動に影響するというお話しです。

 食事の最初に野菜を食べることで、食後血糖の急激な上昇が防げることが報告されています。炭水化物の前に野菜を食べることで、食後の血糖変動幅を減らせるようです。

 そもそも糖質は吸収されやすく、摂取後、血糖値も速やかに上昇します。すると、血糖値を下げるホルモンのインスリンも急速に分泌されます。血糖の変動が大きいと、インスリンを分泌する膵臓にも負担が大きくかかります。それが続くと膵臓が疲弊してしまって、糖尿病になると考えられています。

 それが、はじめに野菜を食べることで、炭水化物が後からゆっくりと消化されるため、食後の急激な血糖値の上昇が防げるということです。

 同じものを食べるのに、順番を変えるだけで身体に与える影響が改善されるのであれば、どうでしょう。その影響力は微々たるものかもしれませんが、毎食となればその積み重ねは大きくなるかもしれません。どうしても「これから食べたい!」というこだわりがなければ、試してみてもいいかもしれません。

カテゴリー: 糖尿病 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2012/06/19 14:38 ] 糖尿病 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

-
管理人の承認後に表示されます
[2012/06/21 00:15]
カテゴリ