FC2ブログ

鍼灸で夢と希望を

兵庫県芦屋市の針灸専門治療院。JR芦屋駅より徒歩4分のSORA鍼灸院です。

職人技

 最近、パン屋で働かれる患者さんが続きました。私も元パン職人だったので、その仕事の楽しさやおもしろさと同時に、苦労やつらさも共感することができました。そして、パン職人と鍼灸師の共通点も話題になりました。

 パンを作る人は、「生地」に触れることで、どんなパンができるか想像できます。温度、湿度、弾力、いろんな感覚情報をもとに、その生地の状態を判断し、微調整を加えてパンを作っていきます。その感覚は、言葉では表現し難い特殊なものです。また、その状態は、機械では測り難いものです。どんなに機械化が進んでも、最後は人の感覚がものを言います。その感覚は、毎日毎日生地を触ることで身につき、その技術は研ぎ澄まされていきます。これが職人です。

 私たちの行なっている反応点治療というのは、皮膚に現れたサインを指先で感じ取って、そこに微調整をして治療していきます。「皮膚」に触れることで、その人の身体の状態が想像できます。「どうしてわかるの?!」とよく聞かれますが、それは感覚です。やはり機械や検査ではわからないであろう、人にしかわからない感覚です。毎日毎日、肌を触ることでわかってきます。訓練でわかるものです。職人みたいなものです

 そういう意味で、パンを作る人も鍼灸師も、同じ職人なのです。

カテゴリー: 鍼灸 その他 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2012/02/09 19:21 ] 鍼灸 その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ