FC2ブログ

鍼灸で夢と希望を

兵庫県芦屋市の針灸専門治療院。JR芦屋駅より徒歩4分のSORA鍼灸院です。

動けないつらさ

 介護の仕事のご縁もあって、身体に障がいのある方に鍼灸治療を定期的に行なっています。それがとても好評です。

 患者さんは脊髄損傷により上下肢共に感覚はマヒされていますが、筋肉は全身コリやつっぱりだらけです。拘縮も見られます。また、動くところが限られているため、その動くところに負担や無理がかかります。

 例えば、高い神経支配の首の筋肉は動かせますが、体幹の筋肉は動かせません。そのため、横や後ろに振り向くのにも、からだを向けることはできず、首だけをねじるように動かされます。テレビを見るときも、首だけをひねることになります。首の一部の筋肉に、大きな負担がかかります。また、じっとしていると肩や腰がこってきて動きたくなりますが、動くことができないと、そのコリも解消されません。動かない寝たきりと、動けない寝たきりのつらさは、わけが違います。

 治療する部位に感覚はなくても、そのコリや反応点の診られる部位に鍼をすると、劇的に楽になると言われます。お尻や太ももに鍼をしても、足先のつっぱりがとれたり、お腹がすっきりした感覚を教えてくれます。人のからだが、独立したパーツで成り立っているわけでなく、神経、皮膚でつながっていることがわかります。

 脊髄損傷で中枢神経は寸断されていても、末梢神経は生きていて脊髄反射は起こります。むしろ、上位が寸断されている分、末梢神経のネットワークが発達しているかのように感じます。絶対的な反射が、顕著に見られます。だから治療も、よりわずかな刺激で、効果を感じてもらえます。つらい分、我慢されている分、その喜びも伝わってきますし、それがまたうれしい限りです。

カテゴリー: 介護・その他 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2012/02/05 19:05 ] 介護 その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ