FC2ブログ

鍼灸で夢と希望を

兵庫県芦屋市の針灸専門治療院。JR芦屋駅より徒歩4分のSORA鍼灸院です。

健康づくりと予防にも鍼灸

休日の昨日、鍼灸治療を受けに行きました。
お世話になったのは、同じ反応点治療で後輩の治療院、

南天はり灸治療院」です。
神戸市中央区花隈町にあります。(阪急花隈駅、神戸市公営駐車場すぐ近く)

南天はり灸治療院

うちと同じく夫婦で仲良く治療されています。

今回治療を受けたのは、私(院長)です。
(前回は、副院長が、産後ケアでもお世話になりました。)

今回は副院長が運転免許の更新をしている間に、娘を連れて行ってきました。
そうなんです、兵庫県の「神戸運転免許更新センター」から、徒歩5分の便利な所に治療院はあります。
家族が免許の更新に行っている待ち時間の間にも、治療が受けられます!
(但し、ここでの免許更新は、優良か高齢運転者のみのようで、優良だと5年に1回になります…)


話は戻って、その待ち時間で、全身丁寧に治療していただきました。
娘のために「積み木」も用意してくれたのですが、娘は遊ぶことなくベッドの脇で、技術を盗み見するかのように、じっと見張っていました。

施術はもちろん、お話も楽しく、心地よく治療をしていただきました。
うちと違って、完全個室なのもありがたいですね。
施術道具、備品、部屋の雰囲気、細部へのこだわりも見られました。
治療でも、細かいところまでケアしてくれていると感じました。

そして改めて体感できたのは、鍼灸が、予防や健康管理にも役立つことです。

その日、その後、他の用事もあって元町↔三宮を、歩いて往復しました。
治療後に、食べて遊び疲れて寝てしまった娘をだっこしながら。
ついでに荷物と傘も持ちながら。

いつもなら次の日、ひどい筋肉痛が出ることもあるのですが、その後もすこぶる快調です。

痛みのある時、つらさのある時に、鍼灸を受けると楽になることは実感しやすいですが、その後の負担も減らせるんだと身をもって体感できました。
(患者さんからは聞いていましたが…)

あと治療後の忙しい中、昼食までご馳走になりました。
手作りの出来たてピザとパスタは格別でした。
(※ 治療のコースには入っていません。)

治療のおかけで胃腸の動きが活発になることも体感できました。

ここぞという前に受ける鍼灸、健康管理の為に受ける鍼灸、
どちらもおススメです!

南天はり灸治療院玄関前
(看板娘、この後、眠りにつきます)

カテゴリー: 健康づくり / SORA鍼灸院 芦屋
 
スポンサーサイト



[ 2016/05/26 16:45 ] 健康づくり | TB(0) | CM(0)

幸せになるために




幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII
amazonサイトへ


 アドラー心理学を説いたベストセラー「嫌われる勇気」の続編です。前回に引き続き、アドラーの教えがわかりやすく頭に入ってきました。いくつかアドラー本を読みあさりましたが、この2作は具体的な例もあってより理解を深めます。多くの人に読まれる理由もわかる気がします。一度読んだところで全て記憶には残らないので、機を見て何度も読み返したいと思います。

 今回は教員になった青年との対話なので、特に「教育」について説かれています。ということは、これもまた「子育て」に大いに役立ちます。(元々アドラーは、児童相談所を設立し、子どもの教育のための活動も精力的に行われていました。→アドラーの子育て論) 子供のためといっても、子は親の鏡であるように、結局、自分を省みることになります。

 アドラーの考えだと、多くの問題が、周りの人や事象ではなく、自分にかかっていると思われます。まわりに不満が出てしまうときも、自分に不足があるからのように感じます。自分を見つめ直し、いかに自分とまわりを変えていくことができるか、まさにその「勇気」が試されてきます。

 教育においても、子育てにおいても、はたまた治療においても、「自立」という目標の奥深さを考えさせられました。

カテゴリー:  / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2016/05/24 17:57 ] | TB(0) | CM(0)

子供の勘

大型連休中の最後の週末いかがお過ごしですか?

SORAは3日、4日、5日にお休みを頂きました。
毎年連休は親戚が集まります。
今年は院長の母が亡くなって10年の節目でもあり、集まりもいつもより少し特別になりました。

小さかった甥っ子、姪っ子も中学生になり、遊びも少し大人に。
という訳で、皆で園田競馬場へ出かけてきました。(笑)

園田競馬場


競馬場と言っても、縁日やマジックショー、落語、ポニーに乗れたりと、イベントも催されていて、子供も大人も楽しめるようになっていました。

でもせっかくなので競馬も。
皆初めての競馬なので、どの馬が勝つか思案しつつ、名前や番号、フィーリングなどそれぞれに馬券を買います。

私たちは、娘の名前の語呂合わせ数字で馬券を購入。
義姉は、自分の名前の馬を見つけて(しかたなく)購入。
義兄は、こっそり?気に入った馬券を購入。

娘は、パドックを見ながら「どれが強そう?」と尋ねたら、「赤いの」と予想。
甥っ子は、人気の馬を手堅く予想。
姪っ子は、穴場の馬を大胆に予想。
皆の予想もそれぞれで面白いです。

競走馬の鍛えられた体は艶やかで、どこにも余分なところがなく、足長!
お尻もプリッと上がってハイヒールを履いたモデルの様でした。

颯爽とした走りは流石です。

競走馬

結果は、甥っ子の手堅い予想と、娘の何気なく言った赤いマスクの馬が、勝利していました。

初心者の我が家にとっては馬を見るだけでも満足。

甥っ子、姪っ子も 「明日も来たい!」 と楽しんだ様子。
(少々行く末が気になりますが、)よい時間を過ごしました。


兜と鯉のぼり
 
[ 2016/05/07 17:51 ] 考え事 | TB(0) | CM(0)
カテゴリ