FC2ブログ

鍼灸で夢と希望を

兵庫県芦屋市の針灸専門治療院。JR芦屋駅より徒歩4分のSORA鍼灸院です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

耳管開放症の鍼灸治療

 耳がふさがったような感じのある、「耳閉感」。自分の声や呼吸音が耳に響くといった、「自声強調」。これらを特徴とする、「耳管開放症」という病名があります。病院では治療が難しいと言われる患者さんが、治療院には来られます。その原因もはっきりしておらず、あまり知られていないこともあるでしょう。

 似たような症状で耳閉感がより強い、「耳管狭窄症」という病名もあります。こちらはその病名通り、耳管が狭まります。原因は浮腫(むくみ)が主に考えられることから、その浮腫を(主に炎症を)改善すれば良くなることは容易に考えられます。

 では耳管開放症は? 耳管狭窄症と同じ原因だとすれば、同じように治療すれば逆効果では? ところが治療を進めて行くと改善していきます。

 一般的には、急な体重減少で発症することも多いことから、耳管内にある脂肪組織(オストマン脂肪体)の「やせ」が原因の一つともされています。しかし、耳管開放症の方は、あるきっかけで、急にその症状が現われたり、治まったりすることもよく聞きます。それは、組織の問題だけではないと考えます。

 一つは、耳管を開放させる筋(口蓋帆張筋、口蓋帆挙筋)があるということ。この筋が何らかの原因で継続的にスパズムを起こせば、耳管は開放し続けることになるでしょう。何らかの原因とは、反応点治療の理論から同じ三叉神経(Ⅴ-ⅲ)支配の領域にあると考えられます。結果的には、耳管狭窄症も含め、耳鳴りなど耳に不具合を起こす症状の治療と共通します。

 耳管を取り巻く筋に直接鍼をしなくとも、治療ポイントはその周辺にあります。

カテゴリー: 耳鳴り・難聴 / SORA鍼灸院 芦屋
 
スポンサーサイト
[ 2015/06/26 17:42 ] 耳鳴り・難聴 | TB(0) | CM(0)

アドラーの子育て論




叱らない子育て
: アドラーが教える親子の関係が子どもを勇気づける!だからやる気が育つ!



 すっかりはまってしまいました、「アドラー心理学」。数冊の関連本を読み終わりましたが、中でも前回ご紹介した「嫌われる勇気」の著者の岸見一郎さんの本は理解しやすく読みやすいです。今回はそのアドラー心理学について、「子育て」に照準を定めた本です。

 元々アドラーは、児童相談所を設立し、子どもの教育のための活動も精力的に行われていたようです。そんなアドラーの思想は、現代の子どもの心情や行動を察するにも、実践的で役に立つことでしょう。

 前回触れた、子どもを叱って育てるわけでもなく、褒めて育てるわけでもないという考えについて。最近よく言われている「ほめて育てる」ということに違和感を感じていました。「叱って育てる」というのは思いもしませんでしたが、そもそもどちらも子どもと対等に接するという考えが欠けていました。「叱る」、「褒める」というのは、上から下に向かってなされる行為や評価です。アドラーは、大人も子供も対等であると考えています。もちろん知識や経験、とるべき責任などは違っていますが、人間としては対等な存在です。その関係を前提としていれば、叱るとか褒めるといった行為には及ばないはずです。対等な関係で見れば、「ありがとう」や「助かった」とか、お願いするような言葉が出てきます。

 他にも、「勇気づけ」、「共同体感覚」、「課題の分離」といったアドラーの思想が、ちりばめられて紹介されています。アドラーの思想を学ぶには物足りないところもあるかもしれませんが、子育てに悩まれているような方には、とても参考になるのではないかと思います。

 いざ我が娘に実践しようとしてみても、できていないことも多々あります(叱るよりは、ついつい褒めてしまいます…)。でもその都度このアドラーの思想を思いよこせば、これからの子育てで悩んだ時の指南書ともなってくれそうです。

カテゴリー: 子育て ・  / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2015/06/23 14:40 ] 子育て | TB(0) | CM(0)

アドラー心理学




嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え


 今年は「哲学」を勉強しよう(「はじめての哲学」)ということで、これもまた患者さんに教えて頂いた本です。ベストセラー作品のようでしたが、知りませんでした。(最近本屋で本を探すことも少なくなりました。)

 フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称される、アルフレッド・アドラーの思想がまとめられています。心理学とありますが、本書も哲学者と青年の対談形式であるように、人類の根源的な疑問を説かれていることから、「哲学」とも言えるでしょう。

 このアドラーですが、著書をあまり残さなかったり(論文はあるようです)、弟子を作らなかったりと、あまり知られていませんでした(知りませんでした)。ところが多くの有名な心理学者(デール・カーネギー、スティーブン・コヴィー)や多くの啓蒙本は、このアドラーの思想に影響を受けているそうで、人間理解の真理、また到達点として受け入れられているようです。

 内容は実際に読んでいただきたいのですが、思いを改めようと感心することも多かったです。タイトル名よりもっと印象に残ることがありました。結論だけ聞けば、よく耳にするフレーズもあります。「世界はどこまでもシンプルである」とか、「全ての悩みは対人関係」とか、「いま、ここを生きる」とか。それがなぜ?なのか突き詰め考えていくと面白いものです。個人的には子育てにも大いに役立ちそうで実践していきたいです。褒めて育てるのがいいのか?叱って育てるのがいいのか?根底的なところを考えればどちらも浅はかなものだと思わせられます。

 全てが受け入れられなくとも、この思想が広まれば、世の中良くなりそうに思います。しかも現代に通用しそうなことが20世紀初頭から考えられていたということも興味深いです。このアドラーについてもっと理解を深めていきたいと思います。

カテゴリー:  / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2015/06/16 09:32 ] | TB(0) | CM(0)

季節変わりの不調

 梅雨入り前からの寒暖差のせいか、しばらく不調を訴える方がとても多かったです。特に風邪の症状である「のど」と、もうひとつ最近多いのが「足」の不調。どちらも冷房の影響は大きいかと思います。

 咽などの粘膜のはたらきは、空気の乾燥で弱くなります。さらに使い始めの冷房の風には、いっぱいホコリやカビも含まれていることでしょう。弱った身体の粘膜に菌やウイルスが付着すれば、扁桃腺の炎症も猛威を奮います。そうなれば首、肩まわりのコリを感じることも多くなります。対策としては、咽の乾燥に注意し、鼻、咽、肝臓の反応点にローラー鍼です。

 そして冷房の冷たい空気は、足元に溜まります。じっとして足が冷えれば血行も悪くなります。むくみがでればだるさを感じますし、筋筋膜が硬くなれば痛みやこむらがえりといった症状も多くなることでしょう。さらに冷たいもので胃腸の負担が加われば、足腰の不調もプラスされます。対策としては、胃腸を労り、足をよく動かしたり血行を良くするといいのでしょう。胃腸といった腹部の反応点と、ふくらはぎへのローラー鍼も効果的です。

 季節の変わり目、あまり無理せずしっかり休むことも大切ですね。

カテゴリー: 冷え・むくみ / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2015/06/06 10:34 ] 冷え・むくみ | TB(0) | CM(0)
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。