FC2ブログ

鍼灸で夢と希望を

兵庫県芦屋市の針灸専門治療院。JR芦屋駅より徒歩4分のSORA鍼灸院です。

被災地東北の風景

 ご報告遅れましたが、東北ボランティアより帰ってきました。治療院はお休みを頂きご迷惑もおかけしていました。昨日から通常の診療に戻っています。

 今回の訪問では、被災地の復興状況などを各現地の方に案内していただきました。そのあたりをご紹介していきたいと思います。 (治療についてや被災者の様子は次回に)

山元町中浜小学校

 まずは山元町。宮城県の東南端に位置する、農村地です。ここにあるNPOには震災当初からお世話になり、度々こうしてそのまわりの様子を案内していただいています。
 写真に写っているのは中浜小学校です。このまわりの町は全て津波で流され、今もこの校舎だけがぽつんと残っています。屋根の少し下に青い看板があるのがわかるでしょうか?ここまで津波が来たという印です。
 この写真には写っていませんが、この2階建て校舎の屋上には、シェルターのようなものがあり、被災時に児童はそこへ避難し、全員助けられたようです。この校舎は、海に向かって縦長に作ることで、津波の濁流は校舎の中を通り抜け受け流すような状態になり、崩壊せずに済んだようです。もしマニュアル通り近くの中学校に避難していたら、助からなかったでしょうということです。そのときの先生方の判断により、生徒は救われたのです。


石巻市

 続いて、石巻市。宮城県内第二の人口を擁する都市で、被害の大きかった街の一つです。写真は日和山公園という、高台から街を見下ろした風景です。左に見えるのは、旧北上川。右には緑が広がって見えますが、ここには街や田畑があり、全て流されてしまいました。案内していただいた職員さんのご自宅もここにあり、通りましたが何も残っていませんでした。支援の多く入っているであろう石巻でさえ3年半経ってもこのような状態です。


南三陸町志津川

 最後に案内していただいたのが、南三陸町志津川。ここも海に面した町で、漁業が栄えていました。ここのNPO団体にも、震災当初からお世話になっています。ずっと訪問しているので震災後の町の経過も見ていますが、前回訪問の3月からその風景が大きく変わりました。
 写真に写っている手前の道路は元々ありませんでした。奥にある土が、新しい地面になります。10mもかさ上げし、それが何kmも続くようです。自然豊かな風景が様変わりしてしまうことを、地元の方も懸念されていました。


 ご覧の通り滞在中は晴天に恵まれました。空気もきれいで(工事現場付近は土埃が舞っていますが)、青空も、夜空もきれいでした。お彼岸の度に訪問しているので、ふるさとに帰っているかのようです。人もやさしく、料理もおいしく、自然豊かな東北、また訪れたくなります。次は、来年春のお彼岸の予定です。

カテゴリー: ボランティア / SORA鍼灸院 芦屋
 
スポンサーサイト



[ 2014/09/26 12:47 ] ボランティア | TB(0) | CM(0)

鍼灸の可能性

こんにちは。副院長です。
空がきれいな季節になりましたね。

参加している鍼灸ボランティア、はり灸レンジャーの東北訪問が来週に迫りました。
今回は9月21日~23日までの日程で院長が参加します。
現地での鍼灸治療やセルフケアの提供に加え、お灸教室や小児鍼教室なども予定しています。
その間、ご迷惑をおかけしますが、治療院はお休みをいただきます。
はり灸レンジャーの活動については、またこちらのブログでも紹介していきますね。
(はり灸レンジャーのブログもあります、こちら

さて、はり灸レンジャーが連載させていただいている、鍼灸・手技療法専門誌「温故知新」の9月号が届きました。
「被災地で鍼灸師に何ができるのか?」というテーマで、メンバーが順にそれぞれが見つけた鍼灸の可能性について書いています。
今月号は私が担当しました。

温故知新9月号

私は被災地で活動したことで、鍼灸の効果や特性、魅力を再確認し、希望を持ちました。
何かできることはないか、という思いで参加したことですが、逆に力をもらった体験でもありました。
自分の仕事に希望を持てたら本当に幸せです。
それを糧に毎日の治療に活かしたいと思いを新たにしています。

「温故知新」はバックナンバーも含め、治療院に置いていますので興味のある方はご覧ください。
こちらの電子版でもご覧いただけます。

月刊 温故知新 vol.4
http://allfreepaper.com/publisher/index.php?fid=14109384601j35lc3sprg11j34ia6cc94x

ちなみに来月号は院長が担当します。
今回の東北訪問についても執筆する予定です。
お楽しみに。

            (彩)

カテゴリー: ボランティア / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2014/09/18 17:18 ] ボランティア | TB(0) | CM(0)

反応点治療の関西実技講習会

反応点治療関西講習会

 昨日は午後からの診療を休ませて頂き、母校へ反応点治療の実技講習会に行ってきました。鍼灸師や学生さんを対象に、関東、東海、関西の3会場で反応点治療を学ぶ講習会が実施されています。

 昨日は関西会場で、午前中に座学、午後に実技があり、その実技講師を3年前から担当しています。講師と言っても生徒からの鋭い質問や、先輩先生からのご助言を頂き、勉強させてもらっています。(そしてたまに治療も。昨日は風邪気味で、いい被験者となりました…)

 関西の講習会は、今年は11月にあと1回あります。(関東、東海では、あと2回ずつあります。) ご興味のある方は下の講習会サイトをご覧ください。

反応点治療講習会
http://www.hannoten.com/seminar/index.html

カテゴリー: 反応点治療 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2014/09/15 16:45 ] 反応点治療 | TB(0) | CM(0)

秋の夜空

月団子

昨晩は中秋の名月でしたね。

虫の音のする中、綺麗な月を見て、お団子も味わい、
耳、目、口と、癒されました。

昨日は見逃してしまった方、天気が悪く見れなかった方、
今晩(9/9)も注目ですよ。
スーパームーンと言って、月と地球の距離が近づき、
普段より大きく満月が見えるようです。

今晩に限らず秋の夜空は空気も澄んで、
月や星も綺麗に見えますね。

ローラー鍼を片手に、秋の夜空を楽しまれてはいかがでしょう?
(夜冷えはしないようにご注意を!)

カテゴリー: SORA鍼灸院 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2014/09/09 18:57 ] SORA鍼灸院 | TB(0) | CM(0)

二人でより確実に

 9月に入って毎日のように、はじめての患者さんが来られています。涼しくなって新しく何かを始めようという方、夏の疲れや季節の変わり目で体調を崩してしまった方、共に今の状態を打開したいという思いが伝わってきます。

 6月から副院長も復帰し、二人体制で治療を行なっています。二人が別々に治療を行なう担当制ではなく、二人で共に診させて頂いています。同じ手先の感覚を頼りに、同じ考えで行なう治療ですが、二人で診ることで見逃しも防げ、確認もできます。二人の目と手と頭で、治療を進めていきます。

 ただ二人いるのは、月~土曜日の17時頃までになります(日曜日は、予約状況やその日の予定によります)。土曜日は混みあい、平日の方が比較的予約が取りやすくなっています。事前のご予約をよろしくお願い致します。

SORA鍼灸院
電話 0797-32-2280
メール sorashiya@gmail.com


カテゴリー: SORA鍼灸院 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2014/09/08 09:12 ] SORA鍼灸院 | TB(0) | CM(0)

夏休み疲れ

 朝晩はすっかり涼しくなりましたね。蝉が静かになり、こおろぎが鳴き出し、赤とんぼも飛出し、秋を感じるようにもなりました。こういう季節の変わり目は体調も崩しやすいので、用心ですね。

 今年の夏は、夏休み中の子供たちも治療院によく来てくれました。親御さんが治療されている間、本や漫画を読んだり、学校や習い事の宿題をしたり、おやつを食べていたり。また、小児鍼治療を受けられたり。身体からは、遊び疲れ、勉強疲れのサインも見られたりしました。最近のお子様たちは大忙しです。

 やっと今日から新学期! でも、親は(おじいちゃん、おばあちゃんも)ほっとしたときに、夏の疲れがそろそろ出て来る頃です。秋の連休も楽しめるように、今のうちに夏休み疲れを癒しておきましょう。

カテゴリー: 健康づくり / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2014/09/01 17:30 ] 健康づくり | TB(0) | CM(0)
カテゴリ