FC2ブログ

鍼灸で夢と希望を

兵庫県芦屋市の針灸専門治療院。JR芦屋駅より徒歩4分のSORA鍼灸院です。

花梅漬け

こんにちは
湿気の多い毎日が続きますね。

我が家のお昼はお弁当にしているのですが、ご飯の間にわかめや昆布、のりなど具を挟むお弁当に凝っています。
(産休中の私も自宅でついつい食べ過ぎてしまうので、お弁当にしています
ご飯に味がなじみやすいですし、中に何が入っているか楽しみも少々あります

この頃は暑くなり、お弁当も傷みやすいのではと気になってきました。
こんな時は梅干がほしくなります。
殺菌効果もあるし、食欲もそそるし、梅入りごはんも大好きです。

そんなときに!
ブラジル帰りの患者さんから、「ブラジルの梅干し」をいただきました。
ブラジルの梅干し??
見た目は細かく切った普通の梅干しのようです。

花梅漬け

「スグリ」という植物の花を、塩漬けにしたものらしいです。
その昔、ブラジルに渡った日本の方々がブラジルでも梅干しを食べられるように、現地にあるものを工夫してつくったものだそうです。

味は梅干そっくり☆
しっかりめのお塩で、昔ながらの手作りの味がしました。

今日のお弁当は、その梅干しとおかかを挟んだ、梅おかかごはん
純和風だけど国際的

おいしくいただいて、午後も元気に頑張れそうです

(彩)

カテゴリー: 考え事 / SORA鍼灸院 芦屋
 
スポンサーサイト



[ 2013/06/25 12:04 ] 考え事 | TB(0) | CM(0)

見えやすさ

 眼の不調で眼科に行くと、眼圧の計測、眼底検査など、「眼」の検査をしてくれます。しかし、日常生活のQOLに関わってくる「見えやすさ」には、あまりフォーカスされません。

 視力検査や視野検査もありますが、「見えやすさ」とは少し違ってきます。検査で視力は十分にあっても、「見えにくい」、「くすんで見える」、「ピントがすぐ合わない」などの、不快感を訴えることはよくあります。そういう主観的な症状に対して、医療は不得手なところがあります。一つは、そのときどきによって、状態が変わってくることもあるでしょう。検査時に良くても、日常生活で悪ければ、困ります。

 眼の状態も、良いとき、悪いときがあります。それは、ピントや眼球の動きを調節する筋肉の状態であったり、循環している水の状態であったり、変化するものです。それをいい状態に維持することで、「見えやすい」にもっていくことはできます。

カテゴリー: 老眼・視力回復 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2013/06/23 14:54 ] 老眼・視力回復 | TB(0) | CM(0)

眼の病気の不安

 緑内障、黄斑変性症、眼の疾患で通われる患者さんも、少なくありません。現代医療では治療が難しいとされている、いわゆる難病ですが、その経過は順調です。順調というのは、視野狭窄も進んでいませんし、「視界がクリアになった」と、皆さんよく言われます。

 眼科では「治った」と言われることはありませんが、見えやすくなって、現状が維持できていて、日常生活に差し障りがなければ、ひとまず良しです。(改善することも、まれではありませんが。)あとは、将来に対する心配。目が見えなくなるというのは、多大な不安をかかえます。

 眼科では現時点での治療法が無いと、「経過観察しましょう」と言われます。しかし、ひどくなってからでは遅いのです。また、片目にしか症状が出ていないと、もう片方は経過観察です。悪くなる前に対策をしたいものです。そのような状況で、ケアできる、予防できる術があるだけでも、安心にもつながります。

 鍼灸治療+セルフケアで、眼の環境を良くしていけば、目の前は明るくなっていきます。悪化する前に予防の治療ができることも、安心なことです。

カテゴリー: 緑内障・黄斑変性症 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2013/06/22 08:48 ] 緑内障・黄斑変性症 | TB(0) | CM(0)

梅雨(号)がやってきました!

お天気マガジンSORA

開業からずっと、治療院の本棚を飾っている雑誌があります。
その名も「SORA」。
五感を磨く!お天気マガジン!です。

はじめは治療院と同じ名前ということで購入していましたが、
その内容はお天気のことに限らず、時事ネタを特集にされたりと、
とても興味深いものばかりです。
(地震・津波や、インフルエンザ、最新号はマダニについて)

刊行の趣旨として、「感測」と「五感」をキーワードに上げています。

「感測」とは、人間本来の能力に目を向けること。
自然を受け止め、親しみ、知ることで、「五感」を磨く。
すなわちそれは人間力を高めること!

とまで言われては、感覚を大事にする鍼灸師としても、
読みたくなる雑誌です。

全面カラーで、写真が多く、眺めているだけでも癒されます。
それなのに値段も1冊300円と、とてもお手頃。

季刊ということで、年5回発行されます。
季節は4つでは?と思われるかもしれませんが、
春号と夏号の間に、「梅雨号」もあります。
さすが、お天気マガジン!

ご興味のある方は、こちらで購入できます。

お天気マガジン
SORASHOP Ch.

もちろん、SORA鍼灸院では、バックナンバーも含め、
最新号までお読みいただけます!

カテゴリー: SORA鍼灸院 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2013/06/20 09:05 ] SORA鍼灸院 | TB(0) | CM(0)

ネゴシ

 患者さんからはじめて聞きました。漢字を当てれば、「寝腰」で、寝過ぎて起こる腰痛みたいです。「長時間寝すぎて腰が痛くなりました。」ということは、よく聞きます。たいてい休日の朝や、お昼過ぎに、電話がかかってきて、予約を入れられます。

 それと同時によく聞くのは、「寝違えたのは、枕が悪いから?」、「腰が痛いのは、布団が悪いから?」。今まで同じように寝ていても起こらないのなら、寝具のせいにしてはいけません。あなたの身体に原因があります。

 もともと筋肉がこわばった状態で、さらに過度の力が加わったときに、突然発生したかのように痛みを感じることがあります。過度の力はきっかけであって、元々の原因は、無意識にこわばっている筋肉にありますよ。

 そこをほぐしておけば、さらにはそのこわばる原因(内臓)もケアしておけば、「ネゴシ」も防げます!

カテゴリー: 腰痛・ぎっくり腰 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2013/06/17 09:32 ] 腰痛・ぎっくり腰 | TB(0) | CM(0)

梅雨バテ対策

 これだけ暑いと、夏を前にバテ気味の人が多くなりますね。特に、自律神経失調と呼ばれる、体温調節の苦手な方です。冬は冷え性、夏は暑がりで、いいことなしです。

 体温調節といえば、発汗。暑いと汗をかいて、その汗が蒸発するときに、からだの熱を奪って、体温を下げるはたらきがあります。目に見える反応です。また、その汗の水分やミネラルの補給が不足すると、体力も消耗し、脱水、熱中症にもつながります。

 もう一つ、体温を下げる反応があります。血管拡張です。末梢の血管を拡張させることで、空気と触れやすくすることで、体温を下げるはたらきもあります。つまり、血管拡張が苦手な人は、体温を下げることも苦手です。熱がこもりやすいとも言えるでしょう。

 この体温の調節機能は脳にあり、中枢性のはたらきによります。しかし、末梢の冷え性などで困っている人の多くの血管収縮は脊髄反射によるもので、中枢性よりも優位にはたらきます。つまり、体温中枢は正常であっても、交感神経反射により、血管拡張が阻害されると考えられるでしょう。

 したがって、交感神経反射の反応点を治療することは、血管拡張をスムーズにし、きっと熱さ対策にもなることでしょう!

カテゴリー: だるさ・全身倦怠感 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2013/06/15 08:56 ] だるさ・全身倦怠感 | TB(0) | CM(0)

乳児湿疹

こんにちは

我が家の娘も乳児湿疹が出ていました。
最初は顔から始まり、今は顔はきれいになってきましたが、頭をひっかきますし、体もところどことかさかさしています。
あまりひどくなればお薬も使おうと思っていますが、今のところベビーマッサージをしながら様子を見ています。
湿疹は身体の力が備わる過程の症状でもあるからです。

我が家では、ベビーマッサージの他は皮膚のバリア力をつけるために保湿をしています。
入浴は毎日ですが石鹸は様子を見ながら使ったり、使わなかったりして、肌を守る皮脂を取りすぎないようにしています。

乳幼児期に家畜に触れるとアレルギー体質になりにくいともいわれています。
家畜の糞に含まれるエンドトキシンという細菌に触れることで体に免疫ができ、将来の湿疹やアレルギーを防ぐのだそうです。*1 *2

うちもそろそろ動物園や牧場デビューをしようと思います
除菌や清潔第一で育った私を反面教師に、なるべく自然に触れてたくましく育ってほしいものです

(彩)

*1 Environmental Exposure to Endotoxin and Its Relation to Asthma in School-Age Children
*2 Endotoxin Exposure and Eczema in the First Year of Life
 
カテゴリー: 子育て / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2013/06/12 07:28 ] 子育て | TB(0) | CM(0)

お肌と小腸

 アレルギー性皮膚炎の患者さんは、腸の悪い方が多いです。腸が悪いと、どうして肌に影響するのでしょう?

 一つは、内臓-体性反射です。内臓と皮膚が神経でリンクしているため、内臓の状態が、皮膚の状態に影響します。反応点治療の基本的な考えで、内臓の病変が交感神経を介して、皮膚に特異的な反応を示します。具体的には、皮膚の循環や分泌腺が乱れます。すると肌のツヤやハリ、吹き出物や湿疹など、目に見えるトラブルも出てきます。

 二つ目に、皮膚の元となる、栄養分が吸収されにくくなります。こんなに太っているのに!と思われるかもしれませんが、それは脂肪であり、糖質などの蓄積でもあります。健康な肌に必要なのは、タンパク質や、ビタミンです。ただ過剰に摂ればいいというわけでもなく、それらを吸収する健全な腸粘膜、分解・合成する腸内細菌叢がなくてはなりません。サプリメントなどで栄養分を摂っているのに、いまいち効果が現れないのは、そのあたりかもしれません。腸を「整える」ことが大切です。

 三つ目に、腸粘膜が荒れていると、本来吸収されるべきではないもの(異種タンパク)が体内に入り込み、アレルギーの引き金になるかもしれません。身体の内と外の境目が、粗いザルのようにスカスカであれば、異物も入り込みやすくなるでしょう。

 とにかく、お臍まわりの「小腸」を整えることは、お肌にとって重要なことです!

カテゴリー: アトピー性皮膚炎 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2013/06/09 08:32 ] アトピー性皮膚炎 | TB(0) | CM(0)
カテゴリ