FC2ブログ

鍼灸で夢と希望を

兵庫県芦屋市の針灸専門治療院。JR芦屋駅より徒歩4分のSORA鍼灸院です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東北の人

 今回のボランティアで印象に残るうれしかったことは、治療を楽しみに待ってくれていたこと。そして前回お渡ししたローラー鍼を使ってくれていたことです。「コロコロしていたら気持ちい」と、毎日使っている方もおられました。「ローラー鍼で、ひざの調子がいいよ」とも。こちらの思いが届いたようで、とてもうれしかったです。(さらにすかさず、内臓の方のケアも頑張ってもらいました。)東北の人は、真面目でコツコツ頑張ってくれる印象をうけました。

 そして前回同様、もしくはそれ以上に、スタッフの方の疲労を感じました。被災地の方を支える、被災者の方々です。ほんとに休み無く働かれている方もおられます。もう口で多くを語らずとも、身体が悲鳴をあげていました。東北の人は、我慢強さで有名です。その我慢の限界を超えないかが心配です。しっかりレスパイトとって、気を抜いて、ぼちぼちでいてもらいたいものです。

カテゴリー: ボランティア / SORA鍼灸院 芦屋
 
スポンサーサイト
[ 2012/03/27 20:00 ] ボランティア | TB(0) | CM(0)

東北より

 ご連絡遅くなりましたが、無事に帰ってきています。今回の訪問は、ほんのつかの間の滞在でしたが、とても有意義なボランティアができました。色々感じ、考えさせられるものがありました。また、ブログなどでまとめていくと共に、これからの活動、そして日頃の診療や人生に活かしていきます。貴重な体験を与えてくれた方々、本当にありがとうございました。自分にできることをまた頑張ります!

名取市閖上

カテゴリー: ボランティア / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2012/03/23 10:38 ] ボランティア | TB(0) | CM(0)

東北へ

 今晩から3回目の訪問です。夜行バスで向かって、明後日にはこっちへ戻ってくるという強行スケジュールですが、前回お会いした方々とお会いできることが楽しみです。先に先輩先生、そして今回は師匠も現地入りされています。その活動報告はこちら→鍼灸で行こう!

 患者さんをはじめ多くの方々の後押しがあって実現しているこの活動です(はり灸レンジャー~鍼灸震災ボランティア)。その方々の思いの分も、しっかりはたらいてきます。被災地の方に元気になってもらい、そして元気に戻って来たいと思います。電話は転送しております。出れないかもしれませんが、追ってご連絡も差し上げますのでよろしくお願い致します。22日(木)より通常診療です。

治療道具と支援物資

カテゴリー: ボランティア / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2012/03/19 18:36 ] ボランティア | TB(0) | CM(0)

被災地でもめまい

 「震災後、困っていることは?」

 被災地で診療されている耳鼻科医さんに尋ねたところ、やはり「めまい」のようです。MRI、聴力検査、鼓膜所見、前庭神経機能検査でも異常なしの正体のつかめない「めまい」。おそらく、検査ではわからない内耳内の問題でしょうか。耳鼻科、脳外科を受診したのち、鍼灸院に来られる多くの方々です。そして、鍼灸治療で案外簡単に治ってしまうのも実際のところです。

 こちらでもこの時期めまいの患者さんは多いです。女子サッカー選手の澤さんのめまいによる欠場も話題になりました。季節の変わり目で体調を崩しやすく、花粉症もひどくなるこの時期、のど鼻、そこから耳に及ぶトラブルが多いのも当然かもしれません。

 さらに被災地付近では、未だ余震が続いています。足元の揺れは、めまい、ふらつきを惹起します。来週の被災地訪問も、「めまい」がポイントになりそうです。通常医療が苦手となると、ますます力が入ります。

カテゴリー: めまい・ふらつき / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2012/03/17 09:13 ] めまい・ふらつき | TB(1) | CM(0)

前を向いて

 被災地の報道を見ていると、どうも気持ちが滅入るときがあります。被災地の大変な部分しか注目されていないときです。確かに良くないことの方が多いのでしょうが、いいこともありますよ。そんな前向きの被災地も写して欲しいなと思います。

 亡くしたものも大きいですが、考え方によっては、得られるものも大きいと思います。亡くしたものに注目せずに、得られるものに注目できれば、つらさが楽になりました。

 病気も同じようなことが言えるでしょうか。しんどいことに注目していると、ますますしんどく、気持ちも滅入ってきます。しんどい中でも、いいことに目を向けれるように。もしくは視点を変えて、いいように考えれるように。しんどい渦中にあるときはそんな気持ちにはなれないので、まわりの助けが必要です。

 時間は、後ろに戻りはしないけど、前には進みます。だから前を向けるようにしたいものです。
 
カテゴリー: 考え事 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2012/03/16 00:50 ] 考え事 | TB(0) | CM(0)

未来への希望

 テレビをつければ、被災地の当時の悲惨な情景や、今やこれからの苦しい状況を改めて知ります。でも、ここ関西にいれば、情報を遮断すれば、その状況を見て見ぬふりをすることもできます。

 悲しい情景を見たくないから、日々の仕事が忙しいから、自分の生活が大切だから、目の前のことをするのが大事だとかいって、目を背けることもできます。

 でも、その結果が、今の日本や社会の状況にあると思います。効率化、自分都合、物質的経済的豊かさを求めた結果が、原発のような問題を生んでいるのでしょう。

 自分の目の前のこと、今のことだけに、目を奪われないようにしたいです。まわりのことや、この先の時代のことも考えられるように。

 自分のことは大事です。でも余裕のある人や時に、その余裕を少し犠牲にしてはどうかなと思います。感謝の気持ち、つつしみ、助け合いの心が持てれば、自分も含めたみんながこの先も幸せになれると信じています。
 
[ 2012/03/12 19:20 ] 考え事 | TB(1) | CM(0)

低音障害型感音性難聴

 「治る」ことが難しいとされている、感音性難聴。老人性難聴のように、加齢によるものは避けて通れないものもあります(全てがそうではありませんが)。高い音が聞き取りにくくなる特徴があります。だから高齢者を介護するのに男性の声の方が好まれる傾向もあります。
 一方、治療していて比較的治りやすいと感じる感音性難聴があります。それが低い音が聞き取りにくくなる「低音性難聴」。その仕組みについてのまとめ書きを。

特徴
 耳がふさがったような耳閉塞感が断然多く、 低い耳鳴り、自分の声が強く響いて聞こえる自声強聴、聴覚過敏など。軽いめまい感を伴うこともある。

原因
 内リンパ水腫といわれている。ストレスや過労がきっかけになっていることが多い。ストレスにより自律神経を介して蝸牛内の毛細血管が網を作っている「血管条」を障害。内リンパ液の量が過剰になると膜迷路が膨らんでしまったり、膜迷路に小さな穴があいたりして、神経を興奮させるエネルギーを上手く作れなくなってしまう。
 低い音だけ、聞こえが悪くなるのは、内耳の中でも低音を感じる頂回転付近(蝸牛の先端部分)が特にライスネル膜の幅が最も広く、内リンパ水腫の影響を受けやすい構造になっているから。

耳鼻科の治療法
 薬による治療が中心。難聴が高度である場合や、治療しているにもかかわらず難聴が進行する場合には、入院が必要になることもある。
 処方される薬としては、内リンパ水腫の軽減を目的とした浸透圧利尿剤、メチコバールが有名なビタミンB12製剤、アデホスなどのATP製剤、炎症を抑えるためのステロイドホルモンなど。

鍼灸治療
 メニエールやめまいの治療が比較的有効であることから、この低音障害型感音性難聴も同様に、よく治りやすいと感じます。投薬治療により数日から数週間以内で治ることもありますが、中には長引いたり、くり返すこともあります。ひどくなれば、同じく内リンパ水腫が原因とされているメニエール病、つまりはめまいを引き起こすこともあります。やはり自己回復力を促して、より早く治した方がいいでしょう。

カテゴリー: 耳鳴り・難聴 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2012/03/06 01:01 ] 耳鳴り・難聴 | TB(1) | CM(0)
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。