FC2ブログ

鍼灸で夢と希望を

兵庫県芦屋市の針灸専門治療院。JR芦屋駅より徒歩4分のSORA鍼灸院です。

マラソンや鍼灸で健康づくり

 今日は東京マラソンですね。友人も参加しているので、今朝のテレビ中継も気になりました。

 去年フルマラソンを結構無理して走り、「もう走りたくない!」と思っていましたが、まわりに走った人や挑戦しようとしている人の話を聞くと、また走ろうかなとも思ってきました。

 マラソンは正直しんどいし、身体にかかる負担もかなりのものと思います。でもそれ以上に、楽しむことができれば、心身ともにいい影響を与えてくれると思います。走り切るにはそれなりに準備も必要で、日頃の不摂生も省みました。そして何よりも、何か「目標(ゴール)」があることは、その人を前向きにさせてくれますね。

 鍼灸治療も同じく、楽しんでもらいたいですね。何か目標をかかげて前向きに治療を受けてもらえるような、健康づくりのお手伝いを心がけています。

カテゴリー: 健康づくり / SORA鍼灸院 芦屋
 
スポンサーサイト



[ 2012/02/26 10:29 ] 健康づくり | TB(0) | CM(0)

症状よりその原因

 つらいときしんどいときに注目してしまうのが、その出ている症状です。その症状を無くしたくて、薬などで抑えようとしてしまいます。熱が上がれば解熱剤、下痢を起こせば下痢止め、○○がでれば抗○○剤など。

 でも、症状というのは、からだが治そうとしている過程に出てくるものであったりもします。アレルギーの様にその度が過ぎることもありますが、それも元々はからだに本来備わっている反応の一つです。

 熱が上がるのは菌やウイルスを殺すため、下痢を起こすのは腸内の毒を追い出すため、痛みが発生するのは異常を知らせるため。その症状を何でも抑えてしまうのは、よくないこともあります。

 なぜその症状が出ているのか、その原因に目をむけることも大事です。原因が残っているのに、症状ばかり抑え込んでいては、何度もぶり返すことにもなります。「原因から治す」、簡単なことではないかもしれませんが、そういった考えを持つことは大切です。

カテゴリー: 考え事 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2012/02/23 20:19 ] 考え事 | TB(0) | CM(0)

「反応点治療実技講習会 in 岐阜」のお知らせ

 反応点治療の実技講習会が、今年度は東海地区でも開催されます。岐阜の方が近い方、こちらへお申し込み下さい。 以下転載

鍼灸学校の学生さんや、鍼灸師の皆さま。
昨年は一般募集をしなかった東海地区での「反応点治療・実技講習会」を2012年の春から再開します!

腰痛、肩こり、膝の痛みの治療に飽き足らない皆さん。
患者さんをトータルに診療できる鍼灸師になりたい方々。
そのような方を対象に以下の要領で実技講習会を開催します。
ふるってご参加下さい。

2012年度 反応点治療  実技講習会(東海地区)

募集要項 2011.02.20舟橋
受講生20名定員で開催します。
全5回 原則 偶数月の第2日曜日(例外あり) 

(日程)
第1回 4月8日(日)
第2回 6月17日(日)
(注 全日本鍼灸学会・三重大会のため、第3日曜日に変更)
第3回 8月12日(日)
第4回 10月14日(日)
第5回 12月9日(日)

(会場)
全て岐阜のサンリ治療院
岐阜市幸ノ町1-16  電話 058-267-4489 
地図はHPを参考にして下さい。
http://www16.ocn.ne.jp/~sanri/

(参加費)
初回に一括納入 2万5千円
欠席されても返金はできません。
年度の途中から参加される方は残り回数×5千円を一括で納入のこと。

(内容)
反応点治療の基礎から応用まで。
全身を診られる治療家になるため、ツボ=反応点の捉え方をみがき、実践的な実技を集中して行ないます。
午前10時 身体の部位別に治療の方法を説明
    (一年間で全身を把握できるように) 
   11時 河村先生による講義 
午後1時~4時 実技 
    (習熟度別にグループにわかれ、実技を行ないます。)

(持ち物)
自分の鍼灸道具(普段使っているもの)、スリッパ、筆記用具
服装は自由です。治療を受ける側にもまわるのでラフな格好で。

(参考)
7月22日(日)名大 鶴友会館にて座学あり(別料金)

2012年6月ごろに、反応点治療の書籍が遠見書房より発売される予定。一般向けの本ですが、疾患別に反応点治療の考え方が書かれており、参考になると思いますので、ぜひお求め下さい。

申し込み先
grandyeux@gmail.com(武智)

カテゴリー: 予定・お知らせ / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2012/02/21 12:56 ] 予定・お知らせ | TB(0) | CM(0)

「反応点治療実技講習会 in 神戸」のお知らせ

 昨年度の途中から講師として参加させていただくようになった、鍼灸師・鍼灸学生対象の実技講習会。今年度も開催されますので、反応点治療を学ばれたい鍼灸師、鍼灸学生の方は、お応募下さい。
 また、今年度から会場が「神戸東洋医療学院」に変更しております。より多くの講習生の参加も可能となっておりますので、ふるってご参加下さい。

2012年度 反応点治療研究会(関西)実技講習会のお知らせ

開催日時
第1回 3月11日(日) 午後1時~4時
第2回 5月13日(日) 午後1時~4時
第3回 7月 8日(日) 午後1時~4時
第4回 9月 9日(日) 午後1時~4時
第5回 11月11日(日) 午後1時~4時

場所:神戸東洋医療学院
住所:兵庫県神戸市中央区伊藤町110-2 電話:078-333-1256

講師:河村廣定先生(神戸東洋医療学院・教員、歯学博士)
   <他反応点治療研究会会員数名でおこないます。>

対象:鍼灸師、鍼灸学校の学生
    
参加費:1回ごとに4,000円(当日徴収いたします)

定員:新規の方、数名を募集いたします。

参考テキスト:
「反応点治療」 河村廣定・著 医道の日本社 3,400円(+税)

準備いただく物:スリッパ、鍼道具(普段ご使用のもので可)

事前申し込みが必要です!
名前、住所、電話番号、鍼灸師か学生か、を記載の上、連絡のつくメールアドレスから下記のアドレスにメールにてお申込み下さい。
申し込み先:
harisenbon814@yahoo.co.jp 岸本鍼灸治療院 岸本 宛

ご質問などもお気軽にどうぞ。
なお、この実技講習会は連続5回1クールとなっています。
5回連続してご参加されることを望みます。

カテゴリー: 予定・お知らせ / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2012/02/21 12:54 ] 予定・お知らせ | TB(0) | CM(0)

鼻のはたらき

 鼻がつまっていると、なかなかしんどいです。慢性的に鼻炎をお持ちの方は、ずっとつまっていて気付いていない人もおられますね。でも、鼻のはたらきを考えると、通っている方がいいでしょう。ではその鼻のはたらきは?

鼻は免疫の最前線
 鼻は、生きていく上で欠かせない「空気」の出入り口です。しかし体外のものを身体に取り入れることには、リスクをともないます。そこで、鼻が、外からの侵入者の第一関門になります。大きなゴミやほこりは「鼻毛」で、菌やウイルス、花粉などは「粘膜」に吸着させて、鼻汁や痰と一緒に排出を行っています。
 風邪の引きはじめや、花粉症の症状は、まず鼻に出てきます。とてもつらい症状ですが、このおかげで身体の中に、悪いものが入ってくるのを防いでもいます。ここがしっかりしていれば、病気を体内に引き込まずに、門前でやっつけてくれます。

鼻は人体の空気清浄機
 鼻には、空気清浄機やエアコンのようなはたらきもあります。上記の様に異物の進入を防ぐ「フィルター作用」、粘膜で鼻汁や痰を排出する「クリーニング作用」があります。次に、「加湿・加温作用」があります。吸い込んだ空気がのどを通るときに、温度と湿度が体内に近い状態にされています。その先にある、肺を守るためです。
 そして、においの分子をキャッチすることで、有害な臭いを感知します。いわば「センサー」のようなもので、空気の危機管理も担っています。


 このように鼻には大事な役目があります。鼻がつまって口呼吸していると、これらのはたらきが不十分で、病気にもなりやすいでしょう。鼻のつまり=鼻の炎症を抑えることは、とても大事です。だから鼻のケアは、欠かしません。

カテゴリー: 花粉症 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2012/02/20 15:53 ] 花粉症 | TB(0) | CM(0)

また花粉症

 少し忙しかったり、体調を崩したりで、ブログ更新もしばらくご無沙汰していました。風邪っぽかったのですが、くしゃみやサラサラ鼻水が止まらず、どうも花粉症の様子が出ています。

 去年はマスクなしでも過ごせて、「治った!」と思ったのですが、どうも不完全のようでした。もう大丈夫だろうとメンテナンスをさぼっていたのもあったので、また少し気合を入れてセルフケアを頑張りたいと思います。

 今回思うのは、アレルギー症状も、そのときの体調などによって、出たり出なかったりするということです。一般的に、花粉症のようなアレルギーは、「一度発症すると治らない」とか、「アレルゲンに触れると必ず反応するようになる」と言われますが、そうでもないと思います。アレルギー疾患に関わる免疫反応は複雑です。単純に免疫が上がるとか、下がるとかでは説明できないものもあります。

 でも、しっかり手当てをすれば楽になり、治ったようにもなるのは、経験しています。今年は、また花粉症患者さんの立場になって、このつらさを何とかして治していきたいと思います。

カテゴリー: 花粉症 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2012/02/18 16:53 ] 花粉症 | TB(0) | CM(0)

職人技

 最近、パン屋で働かれる患者さんが続きました。私も元パン職人だったので、その仕事の楽しさやおもしろさと同時に、苦労やつらさも共感することができました。そして、パン職人と鍼灸師の共通点も話題になりました。

 パンを作る人は、「生地」に触れることで、どんなパンができるか想像できます。温度、湿度、弾力、いろんな感覚情報をもとに、その生地の状態を判断し、微調整を加えてパンを作っていきます。その感覚は、言葉では表現し難い特殊なものです。また、その状態は、機械では測り難いものです。どんなに機械化が進んでも、最後は人の感覚がものを言います。その感覚は、毎日毎日生地を触ることで身につき、その技術は研ぎ澄まされていきます。これが職人です。

 私たちの行なっている反応点治療というのは、皮膚に現れたサインを指先で感じ取って、そこに微調整をして治療していきます。「皮膚」に触れることで、その人の身体の状態が想像できます。「どうしてわかるの?!」とよく聞かれますが、それは感覚です。やはり機械や検査ではわからないであろう、人にしかわからない感覚です。毎日毎日、肌を触ることでわかってきます。訓練でわかるものです。職人みたいなものです

 そういう意味で、パンを作る人も鍼灸師も、同じ職人なのです。

カテゴリー: 鍼灸 その他 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2012/02/09 19:21 ] 鍼灸 その他 | TB(0) | CM(0)

動けないつらさ

 介護の仕事のご縁もあって、身体に障がいのある方に鍼灸治療を定期的に行なっています。それがとても好評です。

 患者さんは脊髄損傷により上下肢共に感覚はマヒされていますが、筋肉は全身コリやつっぱりだらけです。拘縮も見られます。また、動くところが限られているため、その動くところに負担や無理がかかります。

 例えば、高い神経支配の首の筋肉は動かせますが、体幹の筋肉は動かせません。そのため、横や後ろに振り向くのにも、からだを向けることはできず、首だけをねじるように動かされます。テレビを見るときも、首だけをひねることになります。首の一部の筋肉に、大きな負担がかかります。また、じっとしていると肩や腰がこってきて動きたくなりますが、動くことができないと、そのコリも解消されません。動かない寝たきりと、動けない寝たきりのつらさは、わけが違います。

 治療する部位に感覚はなくても、そのコリや反応点の診られる部位に鍼をすると、劇的に楽になると言われます。お尻や太ももに鍼をしても、足先のつっぱりがとれたり、お腹がすっきりした感覚を教えてくれます。人のからだが、独立したパーツで成り立っているわけでなく、神経、皮膚でつながっていることがわかります。

 脊髄損傷で中枢神経は寸断されていても、末梢神経は生きていて脊髄反射は起こります。むしろ、上位が寸断されている分、末梢神経のネットワークが発達しているかのように感じます。絶対的な反射が、顕著に見られます。だから治療も、よりわずかな刺激で、効果を感じてもらえます。つらい分、我慢されている分、その喜びも伝わってきますし、それがまたうれしい限りです。

カテゴリー: 介護・その他 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2012/02/05 19:05 ] 介護 その他 | TB(0) | CM(0)
カテゴリ