FC2ブログ

鍼灸で夢と希望を

兵庫県芦屋市の針灸専門治療院。JR芦屋駅より徒歩4分のSORA鍼灸院です。

2011年ありがとうございました

 今日で診療納めでした。今年も多くの方に支えて頂いた一年でした。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 今年は大きな災害がありました。ごく当たり前の普段の生活や、身近な人を、より大切に思うようになりました。まずはそのことに感謝して、自分に今できることを精一杯がんばりたいと思います。

 年末年始、長めのお休みを頂きご迷惑をおかけしますが、来年もどうぞよろしくお願い致します。

 皆様にとって良い年でありますように。

山元町坂元駅

カテゴリー: 予定・お知らせ / SORA鍼灸院 芦屋
 
スポンサーサイト



[ 2011/12/29 22:08 ] 予定・お知らせ | TB(0) | CM(0)

はり灸レンジャー~鍼灸震災ボランティアの記録~

 2011年3月11日の東日本大震災を受け、「私たちにも何かできないだろうか?」と、いてもたってもいられない鍼灸師たちが、ボランティアグループを結成しました。

 メンバーは、岐阜や神戸と遠く離れた地ではありましたが、メーリングリストで連絡を取り合い、情報を共有して、活動を行なってきました。震災以後、二度の現地訪問も行ないました。現地のボランティア団体と連携を取り、実際に被災地の状況を目にし、被災者の声に耳を傾け、鍼灸治療を通して身体の不調にも応えてきました。

 被災地の復興は長期化すると思われます。一過性の治療で終わるのではなく、セルフケアの提案や、現地関連機関との協力により、継続した支援を行ないたいと考えています。今後も、第3次訪問を契機に、長期的な支援体制の構築に向けて努力している次第であります。

 その鍼灸ボランティアグループが、この度ブログを立ち上げました。

   「はり灸レンジャー ~鍼灸震災ボランティアの記録~

 まずは今までの被災地での活動記録と、そしてこれからの被災地の様子や課題、今後の計画等を発信していきたいと思います。

 ご意見・ご感想などございましたら、またご協力して下さる方もおられましたら、ご連絡お待ちしております。どうぞよろしくお願い致します。

カテゴリー: ボランティア / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2011/12/25 09:40 ] ボランティア | TB(0) | CM(0)

しっかり噛める顎でダイエット

 食べ過ぎを減らすのに大事にしたいのは、「噛む」こと。「噛む」という行為で、食欲を抑制する物質が脳内で分泌されると言われ、またしっかり噛むことで食事に時間がかかります。早食いの人は、食欲が満たされる前に、食べ過ぎてしまうようです。そういう意味でもしっかり噛んで食事に時間をかけることも、食べ過ぎを防ぐ対策になりそうです。

しっかり噛むには、
 ・ 意識して多く噛む
 ・ 食材(具)を大きくする
 ・ しっかり噛まないと食べられない献立にする

 そして何より、しっかり噛める顎が必要です。意外と、噛み合わせがよくなかったり、噛むときに痛みを感じる、顎関節症に近い方もよく見られます。咀嚼筋がスムーズに動かないと、しっかり口を開いて嚙み締めることも困難です。

 歯を削って噛み合わせを整えることも聞きますが、一度削った歯は戻りません。削る前に、噛む筋肉に不釣り合いはないかなどをチェックしてみましょう。筋肉の緊張は一時的なものでもあるので、まずはそちらの調整を優先するべきだと思います。治療のポイントは、咀嚼筋とそれに影響を与える顔面部の不調です。

 はり灸治療 → しっかり噛める顎 → ダイエット です。

カテゴリー: 鍼灸 その他 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2011/12/24 09:43 ] 鍼灸 その他 | TB(0) | CM(0)

ストレス緩和でダイエット

 太っている方の多くは、食欲以上の量を摂ってしまていることが多いようです。そしてよくストレスが原因で食べ過ぎてしまうと言います。食べることでそのストレスを発散しているのならば、そのストレスを除くことが、ダイエットにもつながるのでしょう。

 ストレスと言えば、精神的なもの以外にも、身体的なストレスもあります。頭痛、肩こり、疲れ目、鼻づまり、耳鳴りなど、特に頭部に近い症状は、より不快に感じます。気付かない不調が、ストレスとなっていることもあります。疲れているときや体調の悪いときは、気持ちに余裕が持てずイラッとしやすく、ささいなことでもストレスに感じてしまいます。

 そんなストレスを緩和することは、はり灸治療の得意なところです。

 はり灸治療 → ストレス緩和 → ダイエット です。

カテゴリー: 鍼灸 その他 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2011/12/23 18:32 ] 鍼灸 その他 | TB(0) | CM(0)

4ヶ月で14kg減量

 うちはダイエット目的の鍼灸治療はしていません。でも、ずっと通われている患者さんが、明らかに痩せてきていたので聞いてみると、4ヶ月で14kg減量されたようです。

 「痩せるツボは?」とか、「鍼灸でダイエットできないの?」とか、よく尋ねられます。また、肥満が多くの生活習慣病や要介護原因の疾患になりえるので、ダイエットの必要性を感じることもあります。実際、患者さんの中でも減量されて、血圧やコレステロール、HbA1値が下がった方を多く拝見します。それに物理的に、身体についたおもりが減ったとなれば、からだは楽になるでしょう。

 ところでその激減された方のダイエット方法は・・・

 「食べる量を減らしただけ」

 そんな当たり前のこと!ですが、やっぱり摂りすぎているんでしょうね。デスクワークで特に運動もされず、食べたいものも食べられています。ただ、毎回の食べる量を一様に減らされたようです。だから、栄養が偏ったりすることもなく、健康です。徐々に減っていくと、一食で食べられる量が減ってくるとか。お弁当や定食など決められた量の食事を残すことには抵抗もありますが、それで病気するよりはずっといいでしょう。そもそも、必要量以上に選んだり購入しているのです。

 ただどうしても食べ過ぎてしまうのは、「食べたい」欲求が抑えられないから?それなら、鍼灸でも治療できるかもしれません。(続く)

カテゴリー: 鍼灸 その他 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2011/12/19 18:59 ] 鍼灸 その他 | TB(0) | CM(0)

「平穏死」のすすめ 石飛幸三




「平穏死」のすすめ 口から食べられなくなったらどうしますか


 生き方が人それぞれなように、死に方も人それぞれで強要はできませんが、でも「こういう最期であってもらいたい」とは思います。無理な延命治療でつらい思いや経験はしたくないし、してもらいたくもありません。現実はそうはいかないこともあるかもしれませんが、その思いや知識を持つことは大切です。

 この手のテーマで問題となってくるのが、終末期の胃ろうについて。

無理に食べようとすると誤嚥して、肺炎を起こします。
 そのため胃に直接栄養剤を入れる胃ろうの手術を勧められます。」

 ここで問題なのは、「誤嚥するから」というよりは、「無理に食べようとすると」に注目しているのがこの著者です。この胃ろうの是非についても様々なメリットデメリットがあるので、一概には言えません。本人の希望を尊重することが第一義ですが、それだけでは生きていけないのも社会です。認知症の方のように本人の意思を聞けない場合は、家族も悩まれます。きれいごとだけでは済まされないのも介護でしょう。ほんと人それぞれです。

 もう一つ問題としてあげられていたのが、過剰な水分と栄養の補給。無理に摂ろうとするから起こる問題もあります。本当に必要としているのか、していないのかの判断は重要です。これも人それぞれです。人それぞれだからこそ、問題となるのでしょう。だからその都度、考えられる必要があります。

 誰もにいずれは訪れる「死」について、考えてみてはいかがでしょう。

カテゴリー:  / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2011/12/13 15:51 ] | TB(0) | CM(0)

しんどいときこそ

 急に冷え込んだり、忘年会でつきあいが重なったり、年末年始の準備で忙しかったりで、体調崩されるかたが多いですね。忙しいときこそ、寝込んでしまうと困ります。だから日頃のケアもより重要です。

 しんどいときこそ治療に来て下さい。来るのに大変そうなら無理はしない方がいいですが、少々の熱や風邪の初期症状こそ、治療を受けてぐっすり休まれた方が回復も早くなります。風邪を引いたときだけ来る患者さんもおられるくらいです。長引かせないためにも、休めるときはしっかり休めるようにしましょう。
 
カテゴリー: 風邪・インフルエンザ / SORA鍼灸院 芦屋
 

9ヶ月

 今年も残すところあとわずか、1年を振り返る時期になりました。今年は何よりも、東日本大震災。遠く離れた関西では話題に出ることも少なくなってきましたが、忘れてはいけない出来事でしょう。思い続けることは、行動にもつながる大事な支援だと思います。何かをきっかけに、思い出すことも大事かと思います。

 神戸のルミナリエも明日まで。阪神淡路大震災で犠牲となられた方の鎮魂が目的です。亡くなられた方、残された方のことを思います。自分のことや目の前のことで精一杯にならないように、気持ちや時間にゆとりを持たなければなと思います。
 
ルミナリエ2011
 
カテゴリー: ボランティア / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2011/12/11 00:32 ] ボランティア | TB(0) | CM(0)
カテゴリ