FC2ブログ

鍼灸で夢と希望を

兵庫県芦屋市の針灸専門治療院。JR芦屋駅より徒歩4分のSORA鍼灸院です。

介護士の健康

介護の仕事をしている患者さんがまあまあ多く来られます。
そして、身体もまあまあ悪いところが多いです。

人のお世話する、支援することを職業に選ぶだけあってか、
「自分のことより人のこと」
という方が多いように感じます。
だから、自分の身体は後回し。

急な仕事が入っての治療のキャンセルもまあまあ多いです。
人の命や生活を預かる職業の宿命でもありますが。

でも、人を支えるには、自分が元気であってこそ。
もっと、自分も大事に気遣って下さいね。

カテゴリー: 介護・その他 / SORA鍼灸院 芦屋
 
スポンサーサイト



[ 2011/08/29 18:40 ] 介護 その他 | TB(0) | CM(0)

人のためになる

治療でも介護でも、やさしい、親切だけでは、
その人のためにならなくなることを実感します。

つらいとき、苦しいときは、やさしさが大事。
でも、いつまでもや、過剰なやさしさは、
その人の頑張る力を奪ってしまうこともあります。

その人が、「必要なとき」に、「必要なこと」を、お手伝いすることが、
「人のためになる」のですね。

ボランティアでも同じことが言えそうです。

震災5ヵ月後のボランティア活動
 
カテゴリー: ボランティア / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2011/08/25 22:08 ] ボランティア | TB(0) | CM(0)

鍼灸師になるには

困っている人のためになりたい、鍼灸師になりたい。
母校のパンフレットが治療院に置いてあるので、ご覧下さい。

オープンキャンパスもやってます。
鍼灸を体験してみたい方もどうぞ。

神戸東洋医療学院

神戸東洋医療学院パンフレット

カテゴリー: SORA鍼灸院 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2011/08/24 08:49 ] SORA鍼灸院 | TB(0) | CM(0)

痛みの代償

 1週間前には歩けない程の膝痛でしたが、いろいろ試して、何とか走れるまでに。昨日も雨のご加護を受けて、休養とリハビリしてきました。

 たった1週間の痛みと不具合でしたが、身体にも異変が。痛みをかばい、歩き方に違和感が。筋肉の使い方も偏り、アンバランスな身体へ。痛みを我慢して平気に歩いているつもりでも、無意識にかばって、不自然な身体の使い方をしていたようです。それが、長引くと、癖にもなります。

 急性痛でさえこの様になるので、慢性痛を抱えたままでは、ますます不調をきたすのではと思います。痛みをかばうことで、他の部位にも負担をかけてしまいます。

 しっかり休めればいいのですが、仕事、家事、欠かせない試合など、そういうわけにいかないこともあるでしょう。また、安静にすることで衰えてしまうマイナスの点もあります。

 痛みは、精神的にも、肉体的にも、より早く抑え治したいと、実感しました。

カテゴリー: ひざ痛・膝関節症 スポーツ障害 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2011/08/22 14:26 ] ひざ痛・膝関節症 | TB(0) | CM(0)

同級生と同期生

お盆休みを利用して、なつかしい友人も治療院に来てくれました。
高校の同級生は、今や世界を飛び回り、
社会人の同期は、地元に戻って真面目に頑張っていました。

進路は違えど、同じ所で同じ時を過ごした友人。
頑張っている様子を見て、いい刺激になります。
お互いに。

でも、身体の酷使具合を見ると、やや心配になります。
それもお互いに…

いつまでたっても同級生、同期生。
大事にしたいです。
 
[ 2011/08/19 09:43 ] 考え事 | TB(0) | CM(0)

患者になって学ぶこと

 ラクロスの試合で、膝を強打しました。試合後も普通に歩けて平気だと思ったのですが、腫れがひどく痛みで眠れないほどに悪化。もちろん鍼灸でできる鎮痛を行いましたが、間に合わず。次の日、どういった診断、治療が行われるのかも知りたくて、スポーツ障害やリハビリで評判のいいクリニックへ。

 レントゲンにより骨折はなさそうで、腫れがあるため MRI での靭帯の確認は見送り。(受ける気もありませんでしたが。)膝にたまった血を70ml程抜いただけで、痛みがかなり軽減。中からの圧迫が、あれほどの痛みを感じることを、実感です。(骨が痛いとも感じました…)その後、アイシング、リハビリの指導を受けて帰りました。

 痛みや不安を持った患者さんの気持ちを感じました。そんな状態での先生やスタッフの対応、とても大事ですね。どういった治療をするか以上に、もっと大事なことを学びました。

 まだ可動域はかなり不十分ですが、リハビリと鍼灸による自然治癒力で、より早く治してみせます。来週も大事な試合、出れるでしょうか?
 
カテゴリー: スポーツ障害 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2011/08/16 20:34 ] スポーツ障害 | TB(0) | CM(0)

「共震ドクター 阪神、そして東北」長尾和宏・熊田梨恵


共震ドクター ~ 阪神、そして東北 (ロハスメディカル叢書 4)共震ドクター ~ 阪神、そして東北 (ロハスメディカル叢書 4)
(2011/07/11)
長尾 和宏、熊田 梨恵 他

商品詳細を見る


尼崎の町医者さんが(大きなクリニックですが)、
ゴールデンウィークに被災地を駆け巡った記録です。
長尾先生も阪神大震災を経験、
そのときは芦屋市民病院に勤務されていたようです。
在宅医療や介護のセミナーで講演を聞いたこともあり、
またブログも毎日更新されているのを読ませてもらっています。
地震が起こってからは、震災関連の記事がほとんどです。
これ程、被災地のことに関心を持っている先生の発信には、
ただただ納得するものばかりです。

やはり、阪神大震災の教訓を活かさなければです。
時や規模は違えど、同じ国で起こった大災害。
参考にするべきことは、多くあるはずです。

一個人で形にすることは難しいかもしれません。
しかし同じ思いを持った社会的立場のある人を応援することも、
問題を解決する、社会を変えていく一つにつながるのでしょう。
「他人事」、「無関心」を変えていくには、まずは知ることからはじまります。
 
カテゴリー: ボランティア  / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2011/08/13 09:12 ] ボランティア | TB(0) | CM(0)

5ヵ月

大地震から5ヵ月。
被災地では初盆を迎え、テレビや新聞でも多く特集されています。
月日が経つにつれ、記憶は薄れていきます。
少なくとも節目には、目の前にあるものを少し置いといて、
被災地のことを思うようにします。
 
カテゴリー: ボランティア / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2011/08/12 09:50 ] ボランティア | TB(0) | CM(0)
カテゴリ