FC2ブログ

鍼灸で夢と希望を

兵庫県芦屋市の針灸専門治療院。JR芦屋駅より徒歩4分のSORA鍼灸院です。

2011年3月の予定

2011.3.予定

21日(祝)も、診療いたします。
花粉の飛散も本格化。季節の変わり目です、しっかり体調整えましょう。

SORA鍼灸院 0797-32-2280

胡蝶蘭再び
スポンサーサイト



[ 2011/02/28 22:56 ] 予定・お知らせ | TB(0) | CM(0)

言葉がなくとも

 今日は全ろうあの患者さんが来られ、筆談による治療がありました。発語も不自由なため、全て筆談と身振り手振りで。治療までのはじめの説明に少し時間はかかりましたが、治療は筆談しつつもとてもスムーズに。

 そこが鍼灸治療のいいところ。患者さんに聞かずして、手先で身体の訴えを感じ取ります。痛みもばっちり取れました。治療前の緊張と痛みでガチガチの表情が、治療後の笑顔になられた時はほんとうれしかったです。


 どんな患者さんでも、ときには大げさに、もしくは錯覚して症状を訴えられることがあります。だから「言葉をそのまま受けとめず、その言葉の裏にある真意を聞き取りなさい」と、よく教わりました。

 それは、言葉が発せない人、うまく表現できない人にも当てはまります。言いたいことを言えない人、言いたくてもついごまかしてしまう人、説明下手な人でも、同じ様に治療を受けて、同じ様に楽になってもらえる。反応点治療は、それが可能な治療です。

 いつもと違う新鮮な治療で、改めて身体の声を聞くことの大切さを教えて頂きました。
[ 2011/02/26 13:28 ] 反応点治療 | TB(0) | CM(0)

「メディア・バイアス」 松永 和紀




メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学 (光文社新書)


 患者さんが悩まれる原因の一つに、誤った情報の氾濫があります。「○○がいい」という情報もあれば、「○○は危険」という正反対の情報も。「何が正しいの?」という質問はよく受けます。

 インターネットで何でも調べられるようになり便利になったかと思えば、誤った情報に触れる機会も増えました。検索の上位に出てきたサイトが、正しいとは限らない。むしろ、誰もが見たくなるように、興味をそそるタイトルで適当な事を書いてあることもあります。

 そんないい加減な情報にだまされないように、この本はオススメかと思います。「科学報道を見破る十カ条」と最後にまとめてあったので、転載しておきます。大事なのは「疑う」ことかと思います。

1、懐疑主義を貫き、多様な情報を収集して自分自身で判断する
2、「○○を食べれば」というような単純情報は排除する
3、「危険」「効く」など極端な情報は、まず警戒する
4、その情報がだれを利するか、考える
5、体験談、感情的な訴えには冷静に対処する
6、発表された「場」に注目する。学術論文ならば、信頼性は比較的高い
7、問題にされている「量」に注目する
8、問題にされている事象が発生する条件、特に人に当てはまるか考える
9、他のものと比較する目を持つ
10、新しい情報に応じて柔軟に考えを変えてゆく

カテゴリー:  / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2011/02/25 11:50 ] | TB(0) | CM(0)

ストレスの感じ方

 身体にストレスの与える影響は、その人の 【ストレスの感じ方】 によって大きく変わってきます。では、そのストレスの感じ方とは?

 他人と比べるとわかりにくいので(他人がどう感じているかはわかりません)、自分の中でのストレスの感じ方を考えます。ストレスと感じるときはどんなときでしょう? 「余裕がないとき」ではないでしょうか。気持ちにゆとりがないとき、疲れているときは、些細なことでも「イラッ」とくるときが多いものです。それはつまり、ストレスが積み重なっているとき。精神的、肉体的にもたくさんの情報量が入ってこれば、脳はパンクします。脳が処理できなくなります。

 ならば、ストレスと感じにくくするには、身体に入ってくる情報量を減らすことです。痛みのように自覚できるものから、自覚できないものもあります。また、身体の外からではなく、中から発生しているものもあります。不快な情報をいかに取り除けるかがポイントになってきます。

 周りを変えるのは難しくても、自分が変わることは可能です。ストレスに多くさらされる環境にいる人は、【ストレスの感じ方】 を意識して改善してみてはどうでしょう?

カテゴリー: めまい・ふらつき / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2011/02/23 13:31 ] めまい・ふらつき | TB(0) | CM(2)

ストレスの与える影響

 めまい、難聴・耳鳴り、メニエール病が、ストレスに大きく影響していることはよく言われます (メニエール病とストレス)。けど、この「ストレス」に対する捉え方が、患者さんによって異なっていると感じます。

 【ストレス状態】 = 【ストレス刺激】 × 【ストレスの感じ方】

で表してみます。この 【ストレス状態】 が、身体に与える影響。これが大きければ大きい程、病気にもなりやすい状態でしょう。

 何がいいたいかと言えば、いくら 【ストレス刺激】 が大きかったり小さかったりしても、その人の 【ストレスの感じ方】 によって、身体への影響は異なってきます。同じ程度の精神的、肉体的ストレスを受けても、人によっては何とも感じない人や、かなりのダメージを受ける人がいます。

 同じ人であっても、そのときによってストレスの感じ方は変わってきます。ストレスを感じるのは、まぎれもなくその人自身の身体です。そのストレスの感じ方をいかに下げれるかで、ストレスの身体に与える影響は大きく変わってくるでしょう。では、そのストレスの感じ方とは?  続く…

カテゴリー: めまい・ふらつき / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2011/02/22 19:30 ] めまい・ふらつき | TB(0) | CM(0)

卒後研修

 昨日は母校で公開セミナー。「反応点治療の基礎」と、「鍼灸院と介護の併設」の二講義。どちらも新たな発見というよりは、大事なことや忘れかけていたことの再確認でした。けど、新たなステップへのヒントも。

 やはり自分は「何がしたいか」と、「何ができるか」を明確にしておかなければいけないと感じました。それがあれば、あとは迷わず地道に今できることを積み上げていく。治療プランや介護プランも同じですね。

 先のことを考えていると、楽しみになってきました。
[ 2011/02/21 19:28 ] 考え事 | TB(0) | CM(0)

自分の身体

今日は、かなり久しぶりに同級生に鍼をうってもらいました。
学生の頃はほぼ毎日でしたが、久しぶりの患者役。

やはり、気持ちいい。
とても身体が軽くなった。
マッサージやストレッチにはない、特異な感覚。

自分で思っていない悪いところも治療してもらって、
それもまた快感。
自分の身体はわかっているようで、わかっていない。
自覚症状もあてにならないものですね。

またよろしく。

カテゴリー: 健康づくり / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2011/02/19 20:21 ] 健康づくり | TB(0) | CM(0)

花粉症対策はひどくなる前に!

 もう花粉症の症状が出だしている患者さんが来られています。まだ薬も用量より少なめ、1回の治療でも鼻がすっと通る程ですが、これから本番を迎えるに当たり心配されています。

 自身の経験から言うと、ひどくなってからでは、治療に少し手こずります。炎症によるつらい症状も抑えたいけど、炎症も早く治したい。痛みと似てて、早めの対処の方がすっきりします。

 雨の上がった日、気温が上がった日などは、花粉量も多いらしく今まで発症していない人は特に要注意ですね。何事も準備は大切。花粉に負けない身体を準備しておきましょう。

カテゴリー: 花粉症 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2011/02/17 13:30 ] 花粉症 | TB(0) | CM(0)
カテゴリ