FC2ブログ

鍼灸で夢と希望を

兵庫県芦屋市の針灸専門治療院。JR芦屋駅より徒歩4分のSORA鍼灸院です。

寝たきりにならないためには?

 加齢に伴い、身体は衰えてきます。外界の情報を受け取る、感覚器もしかり。「新聞の文字が見えにくくなった」、「話し声が聞き取りにくくなった」というように、視覚、聴覚の衰えは、有名です。それを補うために、メガネや補聴器を必要とします。外の情報をキャッチできないとなると、生きていく上で非常に不都合だからです。

 では平衡感覚は? 普段気にならない、注目しない感覚だけに、その器官は、なおざりにされがちです。しかし、生きていく上で欠かせない重要な感覚器です。

 高齢者で寝たきりにならにようにするには? 転倒予防です。転倒から骨折、入院、そして寝たきりになるのは、非常に多いケースです。では、転倒しないようにするためには? 筋力よりも、その平衡感覚を補正することでしょう。

 寝たきりにならないようにするには、平衡感覚のケアです。

カテゴリー: 介護予防 / SORA鍼灸院 芦屋
 
スポンサーサイト



[ 2013/03/07 19:01 ] 介護予防 | TB(0) | CM(0)

はり・灸・あんま・マッサージ・指圧施術費助成事業

 芦屋市では、高齢者に対する事業として、「はり・灸・あんま・マッサージ・指圧施術費助成事業」が実施されています。内容は、その年の12月31日現在で70歳以上になる高齢者(身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳を持っているかたは60歳から)を対象に、1回1000円助成する利用券が2枚交付されます。

 その利用券の交付が、今月の8月1日から12月28日まで、市役所1階8番窓口、ラポルテ市民サービスコーナーで行なわれています。印鑑と健康保険証など本人を証明するものを持ってお越しください。

 対象となる年齢、施術所、利用期間(9月1日~12月31日迄)などに制限はありますが、該当される方は、是非この機会にご利用下さい。詳しくは 芦屋市役所HPをご覧下さい。SORA鍼灸院も、対象治療院に登録されております!

助成券
写真は一昨年。今年は空色の券らしいです。

カテゴリー: 介護予防 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2012/08/21 19:25 ] 介護予防 | TB(0) | CM(0)

病気と老化

 「病気」は何か原因があって、手当てをすれば治るものと考えます。その病気によってつらい思いをするなら、治療して取り除くようにしたい。

 「老化」は避けて通れないもの。仕方のないもの。だから、治療というよりは、対処するもの。「老化」を制止しようとか、抑え込もうという考え方でいると、どこか無理が出てくるように思います。「人は生まれた瞬間から死に向かっている」と言われるように、死ぬことも必然的なものです。

 この「病気」なのか「老化」であるかは分けて考えたいです。「老化」を「病気」として考えると、いつまでもゴールが見えず満たされません。逆に「病気」を「老化」としてあきらめているのは、残念です。

 今あるつらさが、「年だから…」とあきらめるものなのか、そうでないものか検討してみましょう。

カテゴリー: 介護予防 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2011/11/15 17:58 ] 介護予防 | TB(0) | CM(0)

高齢者の透析手術

 腎機能がとても悪い患者さんが通われています。すぐにでも透析の準備をすすめられていたようですが、今まで粘ってきました。ご高齢のため、手術するリスクもあります。手術そのものに対するリスクもありますが、入院、安静することで、体力、筋力の低下が心配です。「手術は成功したけど、寝たきりになった」では、たまりません。また、透析治療は、週3回・1回4時間の拘束、医療費もかかります。日常生活にもかなり負担がかかってきます。

 そして手術を拒む何より物理由が、検査による腎機能数値が悪くとも、ご本人さんは元気に日常を送られているからです。食事制限など多少の不満はあっても、治療院にも毎週通われていますし、こないだは旅行にも行かれていました。「まだやることがいっぱいある」と、生きることに前向きです。おかげさまで、腎機能の検査数値も良くなり、手術も見送りです。

 「平穏死の条件」の講演でも話題に上がりました。透析の手術を勧められて、25年間手術せずに過ごしているご高齢患者さんがおられるようです。80歳から25年と考えれば…。よく考えてみましょう。

カテゴリー: 介護予防 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2011/10/29 09:41 ] 介護予防 | TB(0) | CM(0)

苦しむより楽しんで

 生活習慣を正しくすることが健康につながることは誰もがわかっていることでしょう。だから、もっと運動しなさい、もっとダイエットしなさい、お酒をやめなさい、タバコをやめなさい…

 確かに生活習慣の変化により、今まで少なかった病気も増えてきています。糖尿病、動脈硬化、花粉症、アトピー、癌など。先の長い若者は乱れた生活習慣も大いに改善すべきだとは思います。

 しかし、生活習慣を変えるストレスのほうが健康に悪影響を及ぼすこともあります。特に高齢者の方。今さら無理してまで生活習慣を変えるべきか?それよりも楽しみながら人生を過ごす方が、ずっといいとも考えられます(回りに迷惑をかけない程度に)。たいして寿命が変わらないのなら、苦しみながらより、楽しみながら死ぬほうが幸せだと思いますよ。

カテゴリー: 介護予防 / SORA鍼灸院 芦屋
 
 
[ 2010/12/29 22:31 ] 介護予防 | TB(0) | CM(0)

古希祝い

 父親が70歳を迎えました。特に大きな病気もなく長寿の仲間入りですが、年を重ねればそこそこ心配事もでてきます。そんな最近弱り気味の父と旅行へいってきました。

 普段他人のお世話は行っていますが、自分の親となると少しためらいもありますね。高齢者介護の仕事をしている友人も、「自分の親はほったらかし」という話もよく聞きます。

 動物で、親の面倒を見るのは人間だけだと言います。だから本能的には、自分の親の面倒を見る気持ちは起こらないのでしょうか?けど、人間は、社会の中で生きる動物。他の動物とは単純に比べられない面もあります。そして、生まれてから一人で生きていけるようになるまで、人間ほど親に面倒をかける動物もいません。だからその分、親に感謝して、親は大事にするものかと思います。

 旅行はいいですよ。まず旅行を計画することで、行く前の楽しみになります。目標ができます。そして日常生活とは違った見聞が、心身ともにいい刺激になります。過去の体験や知識、思い出を振り返ることもあります。そしてまた行きたいなと意欲をかきたてます。認知症予防にはもってこいかと思います。

淡路島
淡路の海の朝焼け

鳴門大橋
鳴門大橋とうずしお

カテゴリー: 介護予防 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2010/11/24 21:39 ] 介護予防 | TB(0) | CM(0)

年のせい?

 「30才を超えると…」
 「60も過ぎたら…」
 「もう年だから…」

 年を理由にあきらめられることがよくあります。確かに若い頃に比べれば、体力的肉体的に衰えてはいきます。けど、何事をするにも、その人の心(こころ)次第だとはつくづく思います。同じ年齢の人でも、天と地の差を感じることがあります。それまでの人生や境遇、遺伝的なものも関わり、他人と比べるものではありません。けど、与えられた環境の中で、どのような心で日々をすごしていくかで、その人の人生は大きく異なってきます。

 その前向きな心はどこから来るのか?やはり身体からも来ています。身体が元気な方は、いろんなことにも前向きに挑戦されています。そして、いつまでも元気な方は、身体のメンテナンスをよくされています。「いつまでも元気ね~」と言われる方は、それだけ努力もされています。身体を好き勝手してほったらかしにしていては、「いつまでも元気に」は難しいかと思います。

カテゴリー: 介護予防 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2010/09/03 14:50 ] 介護予防 | TB(0) | CM(0)

鍼灸で介護予防

 「介護予防って何?」という言葉をよく聞きます。これからの高齢化社会を考えれば、結構大事だと思うのですがあまり浸透していませんね…。(詳しくはこちら 「介護予防」)きっと名前がわかりにくいのもあるでしょう。「介護されない予防」とか、「被介護予防」とかなら意味はわかりそうですが…

 その介護されない予防は、どうすればいいか?それには、要介護状態になる原因を考える必要があります。

要介護状態になる原因
1位-脳血管障害
2位-認知症
3位-高齢による衰弱
4位-関節疾患
5位-骨折・転倒
(平成19年度国民生活基礎調査の概況)

 これらの対策が、介護予防につながります。そしてその対策は、鍼灸治療でも行えます。

 脳血管障害、認知症は、脳細血管の狭窄、脳への血液循環不足などが考えられています。鍼灸刺激には、局所の血管拡張作用、血流改善作用があります。頭皮への皮膚刺激が、血流改善を促せば、その予防に十分効果はあると思います。

 関節疾患については、軟骨がどうとか、骨がどうとかではなく、筋肉の問題でしょう。痛みに対して動かさないことが、関節拘縮、筋肉の萎縮を生み、衰えていくものです。だから、痛みをしっかりとることが、関節疾患の対策になると思います。

 骨折・転倒の対策は、筋力とバランス感覚の改善ですね。特に、バランス感覚の不調は、見過ごされやすい問題です。(高齢者が転びやすい原因

 ちなみに要介護状態になる原因の7位と8位には、パーキンソン病、糖尿病が入っています。

 鍼灸治療による「介護予防」がますます期待されます。

カテゴリー: 介護予防 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2010/07/07 23:45 ] 介護予防 | TB(0) | CM(0)
カテゴリ