FC2ブログ

鍼灸で夢と希望を

兵庫県芦屋市の針灸専門治療院。JR芦屋駅より徒歩4分のSORA鍼灸院です。

行楽の秋

秋シリーズの3回目は行楽の秋。
行楽といっても少し足を延ばす程度ですが、西宮市にある交通公園(久保公園)に行ってきました。

西宮交通公園

こちらの公園は1969年に作られた公園で、園内に信号機や道路、鉄橋などが設置され、町が再現されています。
東屋には道路標識も並びます。
とても広い公園で木立もあり、大人ものんびりと休憩できる風情があります。

実は院長が小さい頃、この公園の今と同じ遊具で遊んでいて、その写真も残っていたので、娘を連れて出掛けたいと思っていたのです。

公園に着くとまずはベンチでお昼にしました。
近くにスタバやスーパーもあるので何か買ってすぐ公園ランチができます。
ゴザを持ってきて楽しまれているグループも何組かおられました。

食べ終わると、待ちきれずに遊具へ。
まずはテトラポットのような遊具のコーナーへ。

サンゴ

あまり見かけない遊具ですが、登ったり、渡ったり、楽しく遊べます。
サンゴをイメージした遊具のようです。

ひとしきり遊んだら今度は町の通りの区画へ。
花屋さん、魚屋さん、病院や駅、鉄橋に続く石の滑り台も。もう大興奮です!

にしのみや駅

駅を電車と勘違いし、運転している娘。


鉄橋

鉄橋は高く、本格的な作りで大人もなかなかワクワクします。


レトロ新幹線

新幹線もレトロな風貌です。


小さな町の建物の中には消防署も。
33年前の写真と同じです。
是非、撮影せねば!と奮闘する院長。

消防署33年前  消防署現在
33年前 院長             現在 娘


何とか消防署の写真を撮り終え、懐かしい木製のシーソーへ。
このシーソーも昔と同じです。
やはり撮影に奮闘する院長。

シーソー33年前  シーソー現在
33年前 院長               現在 娘


娘は写真より遊びに夢中なので、次はブーラン(=ブランコ)! 次は鉄棒! 興奮は止まりません。
残念ながら以前あった車の遊具はなくなってしまっていましたが、とても楽しい時間を過ごしました!

車33年前


園内には20年ほど前から使われていない「交通館」があるのですが、これから取り壊されて民間の保育施設を誘致するそうです。
(本来、公園内は設置物が規制されますが、「国家戦略特区」の制度を使って保育所が建設されるようです。)

「交通館」は公園の一角に当たるので、公園自体は残るのかもしれません。
保育施設ができれば良い環境なので人気が出そうです。

まずは昔のままの公園で娘と遊べて、写真も撮れて大満足の院長でした(笑)。

シーソーで写真
 
カテゴリー: 子育て / SORA鍼灸院 芦屋
 
スポンサーサイト



[ 2016/10/30 10:03 ] 子育て | TB(0) | CM(0)

夜の水族館

先週は、定休日と祝日が連なり、連休となりました。
娘の誕生日も近くにあり(3才になりました。)、イベントが続きました。

まずは、第一弾。
須磨水族園の「須磨アクアイルミナージュ」

お正月明けに「夜の水族館にいってきました」と、患者さんに教えて頂きました。
「夜の水族館」と言えば、かつて真っ暗な館内を、
懐中電灯を持って廻るというものに、行ったことがありました。
その時は、懐中電灯も暗めでいまいちよく見えないなーという記憶だったのですが…

今回はそれとは違って、園内の至ることろがLEDでイルミネーションされ、
きらびやかで幻想的な水族園を見ることができました。

須磨アクアイルミナージュ2016


イルカショーのあるプールでは、話題のプロジェクションマッピングも。
(こちらは、娘には迫力がありすぎたようで、終始、「こわい」、「帰りたい」、でした…)

寒い夜でも、館内は暖かく、こたつに入って見れるスペースなんかもありました。

こたつで魚鑑賞


夜は17:30から開園なので、少し早めに行って、海浜公園で遊ぶのもいいですね。
お天気も良かったので、ちょうど日の入りを見ることもできました。

須磨海浜公園夕日


今月末まで開催中です。

須磨水族館「須磨アクアイルミナージュ」
http://www.sumasui.jp/suma-aqua-illuminage/
 

カテゴリー: 子育て / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2016/02/14 11:14 ] 子育て | TB(0) | CM(0)

いただきます映画祭

先日、12月2日から6日まで神戸アートビレッジセンターで開かれている『いただきます映画祭』に行ってきました。
食育をテーマに選ばれた5作品が上映されています。

どれも興味深かったのですが、時間の関係もあって、「ある精肉店の話」と「パパ、遺伝子組み換えってなぁに?」の2作品を観てきました。

「ある精肉店の話」は、
大阪にある精肉店が、牛を育てるところから、と場で牛をさばき、出荷するところまでを担う一家の生活を追ったもので、食肉について考えさせられるだけでなく、携わる家族の生活と、これまでの歴史、これからの模索も見せていく、とても濃い内容でした。
でも作品に重苦しさはなく淡々と映像が進みます。

「パパ、遺伝子組み換えってなぁに?」は、
よく聞く「遺伝子組み換え生物=GMO」についてのドキュメンタリー映画です。
ある家族が、子供のためにその真実を追い求めていく様子は、小さい子を持つ私たちにとっても、興味深いストーリでした。
「食の安全」についてから、「自然環境問題」、「種の多様性」についてまで、いろいろ考えさせられる内容でした。
GMOが、単に体にとって大丈夫なのか?悪いのか?という話だけではなく、もっと大きな視点で考える必要があります。
今さえ良くば、自分さえ良くばの考えは、到底許されるべき問題ではないでしょう。


毎日の「食」について、私たちに届くまでの様子や背景を、垣間見せてくれる良い作品でした。

5日、6日には食に携わる方々のトークイベントや、農薬や化学肥料を使わない生産者によるマルシェ、餅つきも企画されています。
お時間のある方は是非お出かけください。

いただきます映画祭
http://kavccinema.jp/lineup/5525

[ 2015/12/04 16:48 ] 子育て | TB(0) | CM(0)

アドラーの子育て論




叱らない子育て
: アドラーが教える親子の関係が子どもを勇気づける!だからやる気が育つ!



 すっかりはまってしまいました、「アドラー心理学」。数冊の関連本を読み終わりましたが、中でも前回ご紹介した「嫌われる勇気」の著者の岸見一郎さんの本は理解しやすく読みやすいです。今回はそのアドラー心理学について、「子育て」に照準を定めた本です。

 元々アドラーは、児童相談所を設立し、子どもの教育のための活動も精力的に行われていたようです。そんなアドラーの思想は、現代の子どもの心情や行動を察するにも、実践的で役に立つことでしょう。

 前回触れた、子どもを叱って育てるわけでもなく、褒めて育てるわけでもないという考えについて。最近よく言われている「ほめて育てる」ということに違和感を感じていました。「叱って育てる」というのは思いもしませんでしたが、そもそもどちらも子どもと対等に接するという考えが欠けていました。「叱る」、「褒める」というのは、上から下に向かってなされる行為や評価です。アドラーは、大人も子供も対等であると考えています。もちろん知識や経験、とるべき責任などは違っていますが、人間としては対等な存在です。その関係を前提としていれば、叱るとか褒めるといった行為には及ばないはずです。対等な関係で見れば、「ありがとう」や「助かった」とか、お願いするような言葉が出てきます。

 他にも、「勇気づけ」、「共同体感覚」、「課題の分離」といったアドラーの思想が、ちりばめられて紹介されています。アドラーの思想を学ぶには物足りないところもあるかもしれませんが、子育てに悩まれているような方には、とても参考になるのではないかと思います。

 いざ我が娘に実践しようとしてみても、できていないことも多々あります(叱るよりは、ついつい褒めてしまいます…)。でもその都度このアドラーの思想を思いよこせば、これからの子育てで悩んだ時の指南書ともなってくれそうです。

カテゴリー: 子育て ・  / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2015/06/23 14:40 ] 子育て | TB(0) | CM(0)

慣らし保育その後

 前回の投稿から3週間。新しい保育園に通い出して順調に1週間で慣らし保育が終わりかけていたのですが、胃腸風邪にかかりほぼ1週間保育園を休むことになっていました。長い間ご迷惑おかけしておりましたが、昨日から保育園にも元気に通い始め、通常通りの診療も再開しています。

 家族が健康で、病気の時になす術があるということが、とてもありがたいことだと再確認しました。我が子の成長を見守りつつ、健康づくりの大切さを伝えていくことができればと思います。

カテゴリー: 子育て / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2015/04/24 11:51 ] 子育て | TB(0) | CM(0)

新生活!

 昨日4月1日から、子ども・子育て支援新制度がはじまり、全国で認定こども園、小規模保育事業所なども開園されています。芦屋市では先行して昨年度から小規模保育の「グループ型家庭的保育事業」というものが導入されていました。我が子も、待機児童を経て、その小規模の保育園に通っていましたが、昨日から新しく認可保育園に通うことになりました。

 昨日はその初日。一昨日までは定員15名だったのに対し、昨日からは定員30名。(すぐ隣の同系列の保育園も併せると100名!) お友達も先生も環境も、がらっと変わりました。(幼稚園や学校と違って、春休みの準備期間もないんですねー)

 娘も戸惑っているかもしれませんが、親もそわそわしています。早く馴染んでくれることを願っています…。保育園の先生も言われていましたが、こういうときは体調も崩しやすいので、鍼灸師の両親としてはせっせとローラー鍼でしょうか。

 しばらくは「慣らし保育」があるため、院長のみや、娘が治療院にいる診療となることもあります。診療を制限しておりますので、早めのご予約をお願い致します。

ならし保育中

カテゴリー: 子育て / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2015/04/02 14:09 ] 子育て | TB(0) | CM(0)

子供の免疫獲得のために

 インフルエンザだったり、RSウイルスだったり、アデノウイルスだったり、昔はわからなかった「風邪」も、診断がつくようになりました。すると、学校や園にも、通いづらくなりました。

 例えばインフルエンザとわかると、「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後3日を経過するまで」、登校(登園)許可がもらえません。他の子にうつしてはいけない気持ちもあり、皆がそれをしっかり守れば、感染は抑えられます。子供に学校へ行ってもらいたい(子供を預けたい)まわりの親としては、助かります。

 しかし、そんな風邪の子に会えない = 感染するリスクが減るとなると、免疫獲得の機会も減ります。今は風邪にならずに良かったとしても、将来的にはどうでしょう?菌やウイルスに触れていない子供は、大人になったとき心配です。

 そう考えると、子供が風邪を引いてよかったね!とも思えます。今は大変でも、将来のために。(感染はして、軽い症状だけで過ごせてもらえていたら理想ですが…)

 そんなうちの娘の保育園休みも、今日で6日目です。

カテゴリー: 子育て / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2015/01/30 17:42 ] 子育て | TB(0) | CM(0)

お正月休みは

新年いかがお過ごしですか?
SORAは4日から診療しています。
年末年始、何かと頑張ってしまった方も多いはず。
当院にも続々と来院されています。

久しぶりの顔にも会えるお正月、我が家もにぎやかに過ごしました。
甥っ子が受験生なので来られなかったのは残念でしたが。

今年は神戸どうぶつ王国(旧花鳥園)に出かけました。
実は去年のお正月も来たのですが、どうぶつ王国になってからは初めてです。

新しいどうぶつ王国はカピバラやアルパカ、今年の干支の羊など、動物と触れあえるコーナーが充実していました。
犬や猫はワンタッチ・ニャンタッチコーナー。
ウサギのピョンタッチコーナーもあります。
名前が素敵です。

ハシビロコウ
じっと前を見据えるハシビロコウ。きりりとしています。 
たまに動く姿が見られると得した気分です。

カピバラたち
カピバラにおやつをあげることもできます。

ゾウガメ
ゾウガメはゆっくり、でも力強くハムハムしておりました。

うちの娘は小さくて餌やりができるのはもう少し先。(笑)
でも、すぐ近くまで来てくれる動物たちに興味津々。

アルパカ
アルパカを見る。

アルパカ子供
そして見る。

ペンギン姿
似ている。

ふわっふわのアルパカには感激します。
動物との距離がぐっと近くなっていた神戸どうぶつ王国。
子どもも大人も慣れない動物たちに少し遠慮(警戒?)しながら、楽しい時間を過ごしました。

[ 2015/01/08 15:36 ] 子育て | TB(0) | CM(0)
カテゴリ