FC2ブログ

鍼灸で夢と希望を

兵庫県芦屋市の針灸専門治療院。JR芦屋駅より徒歩4分のSORA鍼灸院です。

健康づくりと予防にも鍼灸

休日の昨日、鍼灸治療を受けに行きました。
お世話になったのは、同じ反応点治療で後輩の治療院、

南天はり灸治療院」です。
神戸市中央区花隈町にあります。(阪急花隈駅、神戸市公営駐車場すぐ近く)

南天はり灸治療院

うちと同じく夫婦で仲良く治療されています。

今回治療を受けたのは、私(院長)です。
(前回は、副院長が、産後ケアでもお世話になりました。)

今回は副院長が運転免許の更新をしている間に、娘を連れて行ってきました。
そうなんです、兵庫県の「神戸運転免許更新センター」から、徒歩5分の便利な所に治療院はあります。
家族が免許の更新に行っている待ち時間の間にも、治療が受けられます!
(但し、ここでの免許更新は、優良か高齢運転者のみのようで、優良だと5年に1回になります…)


話は戻って、その待ち時間で、全身丁寧に治療していただきました。
娘のために「積み木」も用意してくれたのですが、娘は遊ぶことなくベッドの脇で、技術を盗み見するかのように、じっと見張っていました。

施術はもちろん、お話も楽しく、心地よく治療をしていただきました。
うちと違って、完全個室なのもありがたいですね。
施術道具、備品、部屋の雰囲気、細部へのこだわりも見られました。
治療でも、細かいところまでケアしてくれていると感じました。

そして改めて体感できたのは、鍼灸が、予防や健康管理にも役立つことです。

その日、その後、他の用事もあって元町↔三宮を、歩いて往復しました。
治療後に、食べて遊び疲れて寝てしまった娘をだっこしながら。
ついでに荷物と傘も持ちながら。

いつもなら次の日、ひどい筋肉痛が出ることもあるのですが、その後もすこぶる快調です。

痛みのある時、つらさのある時に、鍼灸を受けると楽になることは実感しやすいですが、その後の負担も減らせるんだと身をもって体感できました。
(患者さんからは聞いていましたが…)

あと治療後の忙しい中、昼食までご馳走になりました。
手作りの出来たてピザとパスタは格別でした。
(※ 治療のコースには入っていません。)

治療のおかけで胃腸の動きが活発になることも体感できました。

ここぞという前に受ける鍼灸、健康管理の為に受ける鍼灸、
どちらもおススメです!

南天はり灸治療院玄関前
(看板娘、この後、眠りにつきます)

カテゴリー: 健康づくり / SORA鍼灸院 芦屋
 
スポンサーサイト



[ 2016/05/26 16:45 ] 健康づくり | TB(0) | CM(0)

なぜ沖縄が長寿だったのか?


先月の大寒波に見舞われる前、沖縄へいってきました。
海は入れませんが、こちらの春、秋くらいの気温でとても暖かかったです。
冬はオフシーズンらしく、飛行機もホテルも空いていて、ゆっくりできました。

沖縄といえば、かつては30年近く平均寿命1位の長寿の県でした。
現在(2010年調査)は、長野県が男女とも1位となっていますね。
沖縄は、男性は30位、女性も3位と、順位を下げています。
ただ寿命が長ければいいとは思いませんが、健康の一つの指標とはなります。
(平均寿命についてはこちら

その長野県が1位になった要因や、沖縄県が首位から陥落した要因など、
健康番組など見かけたこともあるかもしれません。
その中でよく注目されるのが、食事です。

長野県は、脳血管障害の死亡率がトップクラスだったので、
県を上げて減塩等に取り組んだそうです。
他にも、自然の厳しさが作物、そして体にも好影響を与えているなど。
野菜や果物なども自給自足が維持されているようです。

一方沖縄県は、米軍占領下時からの急速な食の欧米化が原因ともいわれます。
県内のスーパーでよく見たスパム、コンビーフなどの加工食品もその一つでしょう。
沖縄で昔から食べられている伝統食には、地元で採れる野菜や海藻、魚、
豆腐などの大豆食品も多くありました。
その土地で摂られたものを食している頃は、良かったのでしょう。

そして沖縄は、日本一肥満者(BMI)の多い県でもあります。
(厚生労働省 H24 国民健康栄養調査
ただ肥満度だけで見ると、男性は3位、女性は1位で、寿命に伴っていません。
肥満そのものより、そうなる状況も問題なのだと思います。


そして少し前ですが、沖縄県における主要死因の死亡率の調査があります。

沖縄県における平均寿命,年齢調整死亡率,年齢階級別死亡率の推移(1973-2002)

象徴的なのは、男女ともに30~50代の死亡率の高さです。
急性心筋梗塞、脳血管疾患、肝疾患、糖尿病、自殺等の死亡率が高いです。
肝疾患、糖尿病は、飲酒飲食の影響も大きそうですね。
高齢者の健康によって、今の寿命が保たれてはいないでしょうか。
この先、さらに短命の県となるかもしれません。

上記サイト中の
表4.主要死因の年齢調整死亡率および年齢階級別死亡率の都道府県順位
を眺めて思うのは、年代によってかなり差があります。
これほどパキッと分かれるのは、何か不自然に感じます。
調べたり聞いたりしていると、それには、戦争も大きくかかわっているようです。

沖縄は戦争時に、多くの県民が亡くなられました。
その世代 = 今の高齢者の人口が、人為的に少なくなっています。

そして出生率は、41年連続全国1位のようで(沖縄タイムス )、
高齢化率は、全国で最も低くなっています。
(平成27年 19.0% ; 内閣府 高齢社会白書 第1節 高齢化の状況

それに加え、戦後の本土復帰の際の沖縄振興開発特別措置法により、
保健衛生施設、社会福祉施設の整備、医療の確保など、
医療・福祉関係に特別の補助が行なわれています。

例えば、無医地区における医療の確保や、
離島の地域における高齢者の福祉の増進などがあります。
(沖縄振興開発特別措置法 第7章その他の特別措置

つまり、沖縄の高齢者には医療・福祉が充実していて、その人口自体も少ない。
沖縄が長寿であったのは、そういった戦争の影響も関係しているようです。


そして、働き世代の自殺が多いのは、社会的背景も考えられないでしょうか。
全国最下位の所得の低さ、離婚率の高さなどもあります。
(内閣府 県民経済計算(平成13年度 – 平成24年度)
(総務省 統計局 統計データ 日本の統計 第2表 人口・世帯


寿命に影響すると考えられるのは、食事以外にも、
人口構成や、経済状況、家庭状況など。
調べれば調べるほど複雑です。
また、旅行をして沖縄で感じたのは、人々のやさしさや、豊かな自然。
そういった沖縄独特の精神風土なんかも影響しているように思いました。


統計ではその原因を探ることはできませんが、
健康にはいろんな要因があるということは、
わかったように思います…


カテゴリー: 健康づくり / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2016/02/02 16:07 ] 健康づくり | TB(0) | CM(0)

夏休み疲れ

 朝晩はすっかり涼しくなりましたね。蝉が静かになり、こおろぎが鳴き出し、赤とんぼも飛出し、秋を感じるようにもなりました。こういう季節の変わり目は体調も崩しやすいので、用心ですね。

 今年の夏は、夏休み中の子供たちも治療院によく来てくれました。親御さんが治療されている間、本や漫画を読んだり、学校や習い事の宿題をしたり、おやつを食べていたり。また、小児鍼治療を受けられたり。身体からは、遊び疲れ、勉強疲れのサインも見られたりしました。最近のお子様たちは大忙しです。

 やっと今日から新学期! でも、親は(おじいちゃん、おばあちゃんも)ほっとしたときに、夏の疲れがそろそろ出て来る頃です。秋の連休も楽しめるように、今のうちに夏休み疲れを癒しておきましょう。

カテゴリー: 健康づくり / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2014/09/01 17:30 ] 健康づくり | TB(0) | CM(0)

健康基準値の個人差

 4月に健康診断の基準が緩和され、患者さんとも度々話題に上ります。基準値に入るようになって、健康になった!というのは疑問です。もちろん基準値に外れているかといって、不健康とも言えません。基準値は統計をもとに、そして政治的な背景も絡んでいるのも事実でしょう。(今朝も製薬会社の不適切な関与がニュースになっていましたね)

 そもそも一律の数値にどこまで信憑性があるのか。性別差、年齢差、体格差、体質差、いろいろ個人差があって当然です。数値は一つの指標と考えて、その人それぞれに考えていくことが大事でしょう。それによって処方される薬のことも然りです。

カテゴリー: 健康づくり / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2014/06/21 15:20 ] 健康づくり | TB(0) | CM(0)

欠航の裏には

 先日のピーチ航空に続き、バニラエア航空も、パイロット不足のため減便という発表がニュースになっていました。共にLCCで人員もギリギリのところで運営されているのでしょうか。もともとのパイロット数も少ないのでしょうが、病欠なども影響しているようです。値段が下がる → 人件費も節約 → 一人一人の負担増 となります。(LCCに限らず競争がはげしくなれば、他の航空会社も同じです。)

 SORA鍼灸院には空で働かれている患者さんも多いのですが、その労働環境は決して良くはありません。飛行機に乗られた方は、感じられると思いますが、まずは空気が乾燥しています。機内の結露による錆を防ぐために、あえて湿度を下げられています。一般的には湿度が一桁代とか。髪、爪、皮膚、粘膜が、乾燥によるダメージを受けるのも当然です。それに加えて、昇降時の気圧の変化も、鼻や耳などに影響を与えます。(最近の新機種、787では錆びない頑丈なカーボン素材でできているため、その乾燥や気圧の変化は軽減されているようです)

 あとは長距離の国際線となるとその環境にさらされる時間も長くなりますし、時差の問題も出てきます。その分、休みなどもしっかりしているようですが、身体はついていきません。(夜勤明けの休みでも、つい無理をしてしまったり…。)リズムが崩れると睡眠も乱れがちです。

 患者さんの身体を診ていても上の影響は納得です。だから身体のメンテナンスはより重要に感じます。便利で安くもなった飛行機、そこで働かれる航空関係の職人さんに感謝です。

カテゴリー: 健康づくり / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2014/05/17 09:40 ] 健康づくり | TB(0) | CM(0)

春です

こんにちは。
立春を過ぎて寒い日が続いていますね。
つい先日は暖かかったのに
体も自律神経機能の調節に一苦労ですね
風邪ひきさんも増えているようです。
ウイルスが喉などの粘膜についていても飲み込んでしまえば胃酸が分解してくれます。
こまめにお茶などをもむのもお勧めですよ。

季節は春なので我が家ではひな人形を出しました

ひな人形と菜の花

小さなマンション暮らしにちょうど良いお気に入りのおひなさま
ひし餅はなかったのでこんぺいとうで代用。
菜の花も満開です
外は小雪がちらついていますが、
少しだけ春気分を味わっております

(彩)
[ 2014/02/07 13:44 ] 健康づくり | TB(0) | CM(0)

PPK

 「ピンピンコロリ」の略だそうです。病気に苦しむことなく、元気に長生きし、病まずにコロリと死のうという意味の標語です。

 お年寄りの方の治療をしていると、よく聞く話の内容です。できれば介護を受けずに最期を迎えたいとも。介護する側としてはそうは思わないのですが、それは自分が実際に障害を持ったり年老いてみないとわかり得ないものかもしれません。

 ただ、できる限り長く元気に過ごしたい、というのは誰しも願う欲望かと思います。それをかなえるためには、どうすればいいか? 人生の先輩に耳を傾けると、そのヒントが得られます。

 若くして大病を患ってしまった方や、90歳近くで元気に通われている方もおられます。「病院は病気をもらうところ」だそうです。病院に行かなくて済むように、治療院に来られます。そんな健康づくりのお手伝いができることに、責任も感じますが、誇りにも思います。

 それをまた、まだ若い患者さん(90歳の方からすれば、70代の方も)にも伝えられればと思います。

カテゴリー: 健康づくり / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2014/01/10 11:49 ] 健康づくり | TB(0) | CM(0)

忙しいときほど健康づくり

 忙しいのにかまけて、更新を怠けていました。いつも治療の空いた時間や休憩時間に書くのですが、最近はセルフケアにも時間を割いていました。患者さんを待っているわずかな時間も、せっせとローラー鍼です。

 年末年始忙しくなってくると、身体にも負担がかかりがち。自分はその気がなくとも、周りの人が体調を崩せば、自分にもそのリスクがふりかかります。特に人と接することが多いとなおさらです。人を守るためには、自分を守ることが大切。

 リスクが上がるときに、その対策を手厚くすることも危機管理です。健康は、貯蓄のように積み立てておくことは難しいので、やはり日頃の身体のケアが肝心です。

カテゴリー: 健康づくり / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2013/12/13 11:45 ] 健康づくり | TB(0) | CM(0)
カテゴリ