FC2ブログ

鍼灸で夢と希望を

兵庫県芦屋市の針灸専門治療院。JR芦屋駅より徒歩4分のSORA鍼灸院です。

汗の部位とその原因

 これからの時期、汗に悩まれる方も多くおられます。特に、鍼灸院で治療するのは、体温を下げるために出る全身性の発汗ではなく、局所的に出る過剰な発汗です。いわゆる、自律神経失調症とか更年期障害とか呼ばれる、無意識にかく汗のつらさです。精神的なものだけでもありません。

 汗をかくのは、自律神経支配です。意識して活動させるものではなく、無意識に働く身体の機能です。無意識に働くものなので、そのトラブルには不安も伴いますし、原因がはっきりしないことも多いでしょう。

 その汗を分泌している汗腺は、交感神経支配です。手足の多汗症の治療に、その交感神経を手術によってブロックする方法もあります。しかし、代償性発汗といって、他の部位の発汗が増すという副作用が起こることもあります。それもつらいものです。

 反応点治療というのは、交感神経の活動を見つけ、そこを治療するものです。交感神経支配の汗腺を活動させる反応点を探って、そこを治療することが、そのまま多汗の治療となります。

 具体的には、頭部・顔面部の汗は主に頚部から第三肋骨まで、手のひらでは主に頚部から第六肋骨まで、脇の下では第三から第八肋骨まで、足の裏では腰部の交感神経節が関係してきます。その神経支配領域に当たる部位に、発汗を過敏にする原因が隠されていると考えて、治療していきます。

 部分的な汗は、更年期のせいだとか精神的なものとあきらめないで根本治療していきましょう。

カテゴリー: 自律神経失調症 / SORA鍼灸院 芦屋
 
スポンサーサイト



[ 2013/05/30 18:18 ] 自律神経失調症 | TB(0) | CM(0)

息がしにくい

・息苦しい
・息がつまる
・胸苦しい

 人それぞれの表現がありますが、呼吸がうまくできなくなる訴えを聞くことがあります。いろんな原因や不安もよぎるかもしれませんが、治療ですっと楽になる場合もあります。

 ひとつは、肩こりや腰痛のひどい方に多い、呼吸筋のコリ。呼吸も、筋肉の収縮・弛緩によって、行なわれています。その筋肉にコリがあれば、呼吸のしづらさにもつながるでしょう。具体的な治療としては、呼吸筋を緩めていきます。筋緊張は、刺鍼により瞬時に緩むこともあるので、即効性もあります。

 次に、俗に言う、自律神経の乱れでしょうか。過度なストレスや緊張により起こる、過喚起症候群というのもその一つでしょう。呼吸も意識的にできることもあれば、無意識にしていることもあります。無意識な呼吸の乱れについては、その乱れを起こす入力にたいして、アプローチしていきます。


 この「呼吸」でポイントとなるのは、「意識的に操れる」こと。肺による呼吸が、身体の中で唯一コントロールできる臓器です。つまりは、呼吸を整えることで、身体と心を調整することもできます。

 ヨガや、出産のときにも、呼吸法は大事とされています。呼気(息を吐く)が、痛みを和らげ、身体をリラックスさせます。息を吐けば、自然と吸い込みます。まずは、しっかり息を吐くことです!

カテゴリー: 自律神経失調症 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2013/02/10 12:29 ] 自律神経失調症 | TB(0) | CM(2)

汗をかきましょう

 暑くなってくると、汗もよくかくようになってきます。患者さんも汗を気にされますが、暑くて汗をかくのは決して悪いことではないです。むしろ、汗をかかない身体になってしまうほうが、熱中症のリスクも上がって要注意でしょう。私も運動して汗をしっかりかいていた頃のほうが、暑さに強かったと思います。それ程だるさも感じませんでした。

 ただ、ホットフラッシュのような急な発汗であったり、精神的な汗、局所的な汗、異常な汗は、考え物です。汗を分泌する汗腺は、交感神経支配。反応点と同じく、そこの領域に出力される交感神経のもとを探っていくと、その原因と対策が見えてくることもあります。

カテゴリー: 自律神経失調症 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2012/07/03 14:49 ] 自律神経失調症 | TB(1) | CM(0)

春のホットフラッシュ

 ここ最近は、植物の成長を見るのが楽しみです。この時期の植物の吹き出るような勢いは、目を見張るものがあります。「春の息吹」、英語では、spring flush (スプリングフラッシュ)と言うらしいですね。

 似た言葉に、hot flush (ホットフラッシュ)というものがあります。いわゆる更年期障害と呼ばれるものの代表的な症状の一つで、突然、顔が熱くなってほてったりのぼせたり、胸がドキドキ動悸がしたり、大量の汗をかいたりします。春の到来と同じく、最近そんな訴えをされる患者さんが増えています。

 この時期は花粉や黄砂の影響で、鼻・ノドにダメージを受けます。それが自律神経を介して、同分節上にある顔を中心とした上半身にホットフラッシュを引き起こします。この時期に、ひどくなるのも納得です。気候の変化に応じて、身体もケアしていきましょう。

ギボウシ
ギボウシ新芽 → 5日後 ギボウシ5日後


メドーセージ
メドーセージ新芽 → 5日後 メドーセージ5日後

シマトネリコ新芽
トネリコ新芽

カテゴリー: 自律神経失調症 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2012/04/28 12:24 ] 自律神経失調症 | TB(0) | CM(0)

ここでもできること

 今回の大地震が、ここ関西の患者さんにも影響が見られます。仕事で関東方面に行かれていた方や取引きがある方、交通や情報の遮断によりかなり支障も出ているようです。でも、被災地の方の苦労を思えば、なんてことないとも。

 そして阪神淡路大震災を経験された方が、今回の地震の映像を見てフラッシュバックし、体調を崩されている方がかなり多いです。忘れかけていたあの光景が、生々しくよみがえってきます。映像は事実を伝える有効な手段でもありますが、同時に大きなストレスをも伝えてくれます。

 そんな患者さんに対して、ここでもできることがあると思いました。入ってくる情報を遮ることも一つですが、そのストレスをも受け止められる、乗り越えられる様にはなれないか?目に見えない心のケアは難しいです。身体への手当てでもって、心のケアをする方法を今一度考えます。

 今後、被災者の方の心のケアが必要になってきます。こちらへ避難されてくることもあるでしょう。そんな心と身体に傷を負った被災者の方を受け入れられる準備をしていたいとは思います。

参照
兵庫県こころのケアセンター「サイコロジカル・ファーストエイド実施の手引き

カテゴリー: 自律神経失調症 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2011/03/16 21:50 ] 自律神経失調症 | TB(0) | CM(0)

検査でわからない異常

 不調を訴えて、検査で異常が見られなければ、精神科をすすめられ、そして精神薬を飲むことになる傾向が多いと感じます。そして良くならなければ、いつまでも飲み続けていることもあります。そして依存し止めれなくなってしまいます。

 見えないものは、全て心(脳)の問題? 検査でわからなかったり、数値に表されないだけであって、目に見えないどこかに身体の不調が潜んでいることもあるでしょう。

 薬で一時的に良くなっても止めれば悪くなる、いつまでたっても良くならないときは、何かおかしくないか、他に原因はないか疑ってみる必要があると思います。

カテゴリー: 自律神経失調症 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2011/02/09 09:18 ] 自律神経失調症 | TB(0) | CM(0)

不安症

ベッドで仰向けになることができなかった患者さん。
じっとして鍼を受けることができなかった患者さん。
音楽が頭に響き治療院のBGMを流せなかった患者さん。

 自分の身体で何が起こっているのかわからなく、不安でたまらなかったのです。まだ日常生活に不安が残る方もおられますが、治療中はベッドでゆっくり休まれるようになりました。いびきをかかれる方もおられます。

 まだ完全復活ではなくても、心身ともに休める時間ができてきたことは、大きな進歩です。あせることなく、できることを少しづつステップアップしていきましょう!

カテゴリー: 自律神経失調症 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2010/12/15 23:18 ] 自律神経失調症 | TB(0) | CM(0)

不定愁訴

 自律神経失調症と言われた方によく聞く言葉です。いろんなつらさはあるが、検査しても特に問題がない、どこが悪いのかわからない、どうしたらいいのかわからない。原因と治療法がはっきりしないものほど不安でたまらないものです。

 そしてそんな患者さんを治療していると、痛みやつらい場所が動き回ります。頭が痛かったのが、今度は腰が痛い。めまいがしてたのが、今度は耳鳴りがする。手の冷えが、今度は足に。なぜこの様なことが起こるのでしょう?

 それは、人は一番悪い場所に、意識がいくからでしょう。腰痛もまあまあありますが、肩が極度に緊張していれば、肩コリが気になってしかたありません。そこで肩の緊張がとれれば、腰痛がとても気になってきます。それがあたかも、痛みが動いたかのように感じます。動いたのではなく、もともとあった部分に意識がいくようになったのでしょう。だからそれは、悪いことではありません。一番の悪い所が治っている過程です。そして、数あるつらさの原因を順に潰していくことで、いつの間にか全てのつらさが無くなっていくものです。

 ただ、どこもかしこも悪いところはない!という人は少ないものです。何かしら不調が合っても、それが日常につらさと感じないレベルまで下げることが、治療の目標かと思います。

カテゴリー: 自律神経失調症 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2010/10/22 21:57 ] 自律神経失調症 | TB(0) | CM(0)
カテゴリ