FC2ブログ

鍼灸で夢と希望を

兵庫県芦屋市の針灸専門治療院。JR芦屋駅より徒歩4分のSORA鍼灸院です。

職人技

 最近、パン屋で働かれる患者さんが続きました。私も元パン職人だったので、その仕事の楽しさやおもしろさと同時に、苦労やつらさも共感することができました。そして、パン職人と鍼灸師の共通点も話題になりました。

 パンを作る人は、「生地」に触れることで、どんなパンができるか想像できます。温度、湿度、弾力、いろんな感覚情報をもとに、その生地の状態を判断し、微調整を加えてパンを作っていきます。その感覚は、言葉では表現し難い特殊なものです。また、その状態は、機械では測り難いものです。どんなに機械化が進んでも、最後は人の感覚がものを言います。その感覚は、毎日毎日生地を触ることで身につき、その技術は研ぎ澄まされていきます。これが職人です。

 私たちの行なっている反応点治療というのは、皮膚に現れたサインを指先で感じ取って、そこに微調整をして治療していきます。「皮膚」に触れることで、その人の身体の状態が想像できます。「どうしてわかるの?!」とよく聞かれますが、それは感覚です。やはり機械や検査ではわからないであろう、人にしかわからない感覚です。毎日毎日、肌を触ることでわかってきます。訓練でわかるものです。職人みたいなものです

 そういう意味で、パンを作る人も鍼灸師も、同じ職人なのです。

カテゴリー: 鍼灸 その他 / SORA鍼灸院 芦屋
 
スポンサーサイト



[ 2012/02/09 19:21 ] 鍼灸 その他 | TB(0) | CM(0)

しっかり噛める顎でダイエット

 食べ過ぎを減らすのに大事にしたいのは、「噛む」こと。「噛む」という行為で、食欲を抑制する物質が脳内で分泌されると言われ、またしっかり噛むことで食事に時間がかかります。早食いの人は、食欲が満たされる前に、食べ過ぎてしまうようです。そういう意味でもしっかり噛んで食事に時間をかけることも、食べ過ぎを防ぐ対策になりそうです。

しっかり噛むには、
 ・ 意識して多く噛む
 ・ 食材(具)を大きくする
 ・ しっかり噛まないと食べられない献立にする

 そして何より、しっかり噛める顎が必要です。意外と、噛み合わせがよくなかったり、噛むときに痛みを感じる、顎関節症に近い方もよく見られます。咀嚼筋がスムーズに動かないと、しっかり口を開いて嚙み締めることも困難です。

 歯を削って噛み合わせを整えることも聞きますが、一度削った歯は戻りません。削る前に、噛む筋肉に不釣り合いはないかなどをチェックしてみましょう。筋肉の緊張は一時的なものでもあるので、まずはそちらの調整を優先するべきだと思います。治療のポイントは、咀嚼筋とそれに影響を与える顔面部の不調です。

 はり灸治療 → しっかり噛める顎 → ダイエット です。

カテゴリー: 鍼灸 その他 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2011/12/24 09:43 ] 鍼灸 その他 | TB(0) | CM(0)

ストレス緩和でダイエット

 太っている方の多くは、食欲以上の量を摂ってしまていることが多いようです。そしてよくストレスが原因で食べ過ぎてしまうと言います。食べることでそのストレスを発散しているのならば、そのストレスを除くことが、ダイエットにもつながるのでしょう。

 ストレスと言えば、精神的なもの以外にも、身体的なストレスもあります。頭痛、肩こり、疲れ目、鼻づまり、耳鳴りなど、特に頭部に近い症状は、より不快に感じます。気付かない不調が、ストレスとなっていることもあります。疲れているときや体調の悪いときは、気持ちに余裕が持てずイラッとしやすく、ささいなことでもストレスに感じてしまいます。

 そんなストレスを緩和することは、はり灸治療の得意なところです。

 はり灸治療 → ストレス緩和 → ダイエット です。

カテゴリー: 鍼灸 その他 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2011/12/23 18:32 ] 鍼灸 その他 | TB(0) | CM(0)

4ヶ月で14kg減量

 うちはダイエット目的の鍼灸治療はしていません。でも、ずっと通われている患者さんが、明らかに痩せてきていたので聞いてみると、4ヶ月で14kg減量されたようです。

 「痩せるツボは?」とか、「鍼灸でダイエットできないの?」とか、よく尋ねられます。また、肥満が多くの生活習慣病や要介護原因の疾患になりえるので、ダイエットの必要性を感じることもあります。実際、患者さんの中でも減量されて、血圧やコレステロール、HbA1値が下がった方を多く拝見します。それに物理的に、身体についたおもりが減ったとなれば、からだは楽になるでしょう。

 ところでその激減された方のダイエット方法は・・・

 「食べる量を減らしただけ」

 そんな当たり前のこと!ですが、やっぱり摂りすぎているんでしょうね。デスクワークで特に運動もされず、食べたいものも食べられています。ただ、毎回の食べる量を一様に減らされたようです。だから、栄養が偏ったりすることもなく、健康です。徐々に減っていくと、一食で食べられる量が減ってくるとか。お弁当や定食など決められた量の食事を残すことには抵抗もありますが、それで病気するよりはずっといいでしょう。そもそも、必要量以上に選んだり購入しているのです。

 ただどうしても食べ過ぎてしまうのは、「食べたい」欲求が抑えられないから?それなら、鍼灸でも治療できるかもしれません。(続く)

カテゴリー: 鍼灸 その他 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2011/12/19 18:59 ] 鍼灸 その他 | TB(0) | CM(0)

治るスイッチ

 個別指導の進学塾のCMで、「やる気スイッチ」というのがあります。生徒一人ひとりのやる気スイッチを見つけて、やる気にさせてくれるみたい。テキストも一人ひとり作り変えられる、「オーダーメイドテキスト」というものが使われているようです。先生や親がおしつけて勉強させるよりも、生徒が自発的に勉強するようにできれば、それに勝るものはないと思います。




 治療院で言えば、「治るスイッチ」でしょうか。患者さん一人ひとりの治るスイッチを見つけて、病気を治してもらいます。治療ポイントも一人ひとり違う、「オーダーメイド治療」です。病気は治療者が治すものではなく、あくまで患者さん自身が治すもの。そのお手伝いをするといった感じでしょうか。

 スイッチ一つで治るほど身体は単純ではありませんが、それに近いものを感じるときがあります。それは、たった一刺しの鍼であったり、たった一言の言葉でも。ずっとかかえていた悩みやつらさから、「すっ」と抜け出してもらえることがあります。そんなスイッチを見つけられる治療師を目指しています。
 
カテゴリー: 鍼灸 その他 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2011/04/29 09:06 ] 鍼灸 その他 | TB(0) | CM(0)

初心忘るべからず

 昨日は母校のオープンキャンパスのお手伝いでした。特に何かする程ではありませんでしたが、開業した卒業生として先輩先生と一緒にPR。簡単な治療体験なども行いました。

 「どうして鍼灸師になろうとしたの?」とか、「先生の夢は何ですか?」とかいった質問を受けました。在学中のことより、その先のことに目が向けているんだなと思いつつ、改めて自分の初心も思い返しました。入学前に思い描いていた以上に、進んでいます。これからも信念を持ち続け、先を見てあせらずしっかり土台を築き上げていきたいと思います。目先のことだけを考えていてはいけませんね。

 次々出てくる後輩に負けないよう頑張らねば!

カテゴリー: 鍼灸 その他 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2011/02/07 23:36 ] 鍼灸 その他 | TB(0) | CM(0)

きゅう師の見せ所

 昨日の「はり師の見せ所」に続いて、今日は「きゅう師の見せ所」。ちなみに鍼灸師というのは、「はり師」と「きゅう師」の二つの資格を持った人です。片方だけ持っている人もいます。

 よく「お灸と鍼はどう違うの?」という質問を受けます。温熱と物理的な違いはありますが、どちらも皮膚刺激です。わずかな刺激で身体の中を変えるという意味では、さほど違いはないかと思います。でも、鍼は刺すことから、身体の中にも直接インパクトを与えることができます。そこの使い分けはあるかと思います。

 お灸の魅力は、やはりあの「ほわっ」とする温かさでしょう。身体が冷えているときは、ほんと心地のいいものです。薬局でも売ってる誰にでもできるせんねん灸よりも、もぐさのお灸です。直接灸といって、もぐさをちぎって皮膚にのせて、それを線香などで燃やします。完全に燃やしきると熱いので、途中で消火します。その加減が腕の見せ所ですね。消すのが早すぎると効果はうすいし、遅過ぎると虐待になります。火傷になって痕が残ることもあります。ちぎるもぐさの大きさ、形、硬さ、質によっても調節されます。

 そして効果を問うと、間隔なく連続して据えるのが、いいお灸です。刺激が加重されて(積み重なって)、大きな刺激効果となります。ちまちまやっていると、効果は薄いものです。

 普段の治療では、使いやすさから主に鍼を使いますが、このお灸も自由自在に扱いたいものです。常日頃の修行が必要でしょう。

カテゴリー: 鍼灸 その他 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2011/02/04 18:38 ] 鍼灸 その他 | TB(0) | CM(2)

はり師の見せ所

 鍼灸治療は、皮膚を刺激することで身体の中を変えていきます。皮膚は身体の中で最も神経のアンテナが分布しているため、小さい刺激で最大限の効果を与えることができます。たった1本の髪の毛くらいの小さな鍼で、身体のトラブルを治すことができるのが大きな魅力です。

 この皮膚に対する刺激なら、マッサージや指圧などでも可能です。刺さない鍼のローラー鍼もとても有効です。ただ、「ここは鍼でないと!」というところもあります。深部の筋緊張(コリ)をとるには、鍼が効きます。体表面の刺激では、物足りないこともあります。この身体の奥にあるつっかえがとれることで、もやもやしたものがすっきりします。

 「マッサージより鍼がいい!」と気に入られる患者さんは、ここの違いをご存知です。ということは、その奥を見落とさずアプローチできるかが、はり師の腕の見せ所の一つではないかと思います。

カテゴリー: 鍼灸 その他 / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2011/02/03 23:42 ] 鍼灸 その他 | TB(0) | CM(0)
カテゴリ