鍼灸で夢と希望を

兵庫県芦屋市の針灸専門治療院。JR芦屋駅より徒歩4分のSORA鍼灸院です。

芦屋市の鍼灸助成事業

毎年この時期恒例、芦屋市の鍼灸治療の助成券が使えるようになりました。

芦屋市では、高齢者に対する事業として、「はり・灸・あんま・マッサージ・指圧施術費助成事業」が実施されています。

対象は、市内在住で、今年満70歳以上になる高齢者(身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳を持っているかたは満60歳以上)です。
1回につき1000円助成する利用券が、2枚交付されます。
利用期間は、9/1~12/31 までです。

利用券は、市役所7番窓口、ラポルテ市民サービスコーナーで、交付されています。印鑑と健康保険証など本人を証明するものを持ってお越しください。

対象となる年齢、施術所、利用期間などに制限はありますが、該当される方は、この機会に是非ご利用下さい。

SORA鍼灸院も、対象治療院に登録されております。

芦屋市HP
「はり・灸・あんま・マッサージ・指圧施術費助成事業」

 
芦屋市はり灸助成券2016

(今年は桃色の券です。)

カテゴリー: 予定・お知らせ / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2016/09/13 09:17 ] 予定・お知らせ | TB(0) | CM(0)

2016年9月、10月の予定


2016年9月の予定  2016年10月予定


・9/19(月祝)は、診療いたします。
 9/20(火)~9/22(木祝)を、連休とさせて頂きます。
・10/8(土)は午後からの診療、
 10/9(日)は勉強合宿参加の為、副院長のみの診療とさせて頂きます。
 よろしくお願い致します。

SORA鍼灸院 芦屋
9:00~19:00 (18:00 最終受付)
0797-32-2280
sorashiya@gmail.com

カテゴリー: 予定・お知らせ / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2016/08/29 12:57 ] 予定・お知らせ | TB(0) | CM(0)

熊本初訪問で心に残ったこと

 こんにちは。副院長の森川彩子です。

 院長も投稿しておりますが、8月10日から12日の3日間、連日38℃という暑さの熊本に伺いました。娘も連れて家族で参加させて頂きました。

 今回は南阿蘇のグループホームやデイケア施設の集まった福祉施設、御船町の仮設住宅、益城町の避難所に隣接する集会所、という三者三様の3カ所にお伺いできました。

 お会いした方々の多くは、生活環境が変わったことで痛みや不調が始まった事を話されていました。高齢であっても今まで家業や農作業など仕事を持たれていたのに、家や田畑の被災で仕事ができず、体を動かすことも減り、筋肉がこわばって痛みが出る。痛みのために気持ちもふさぎがちだ、という様子でした。

 また、避難所や仮設住宅のお世話をする仕事に就かれている被災者と、支援を受けとるだけの被災者の間では、同じ被災者であっても温度差があることが印象に残りました。

 町の崩れた家々や、村の崩れた山や道路などを目にすると、復興はなかなか進んでいない様子で、これからも疲労は続くと思われます。

 そんな中、一番印象に残っているのは、活動中にお会いしたある92歳の女性です。

 その方は、地震前まで下宿の仕事をされ、大学生90名のお世話をされていたそうです。4月19日に、橋のたもとの自宅が崩れ、下宿生1人もその時亡くされたことを涙ながらに話されました。他の学生は休みに入って実家へ帰る中、「ばあちゃんの所がいい」と残っていた学生さんだったそうです。「崩れた後、ショックで何もわからなくなって、目が覚めたらここだった」と話されました。今は同じホームの認知症状の強い方と一緒に過ごされ「私がお預りしてるのよ」と気丈にされていました。

 治療で膝と肩の痛みが軽くなると、「痛くないわ」と微笑まれ、こちらが救われる思いがしました。他の方の治療する間も、連れてきた私の娘に優しい眼差しで寄り添い、ずっと遊んで頂きました。人見知りの娘がその方と自然に居る様子をみて、これまでもこんな風に優しく、学生さんに寄り添ってこられたのだろうと想像しました。お1人お1人に、重く大切な物語があるのだと、改めて感じました。


 鍼灸は痛みやコリをその場で軽くすることができる利点があります。体の不調が軽くなれば少し元気も出てきます。本当に微力ですが、お会いした方々、これからお会いする方々の不調が少しでも軽くなるよう、これからもお手伝いできればと思います。


第2回熊本訪問森川彩子

カテゴリー: ボランティア / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2016/08/25 17:56 ] ボランティア | TB(0) | CM(0)

火の国くまもと鍼灸ボランティア

 長いお盆休みを利用して、家族で熊本へボランティアにもいってきました。寒さの厳しい東北とは対照的に、真夏で酷暑の続く熊本でした。その3日間のボランティア活動の様子です。

一日目 
(8月10日(水) 熊本市 最高気温 37.3℃)
熊本県 阿蘇郡 南阿蘇村

南阿蘇ケアサービス201608
(南阿蘇ケアサービスから見る風景)

 芦屋駅を始発の電車で出発し、はじめての九州新幹線に乗り込み、熊本駅でメンバー全員と合流。朝の時点で熊本の灼熱の暑さを予感しつつ、レンタカー、ベッドを借りて、初訪問となる南阿蘇村へ向かいます。総合福祉施設の「南阿蘇ケアサービス」に訪問しました。

 グループホーム、デイサービス、有料老人ホームなどが、徒歩圏内に集まっています。その施設や事務所で、メンバーを別けて、順々に施術を行なっていきました。利用者さんをはじめ、職員の方々も、被災をされながら、仕事に従事されています。こちらでの震災直後の様子が綴られた冊子と、村の被害が写された写真集を頂きました。前回訪問した「町」とは違った、被害の様子、今後の課題なども教えてもらいました。

 施術中、多くの話題に上がったのが、地震による道路の寸断です。有名な「阿蘇大橋」の崩落もありましたが、それ以外にも道路やトンネル(俵山トンネル)など、通れないところが多数ありました。職員さんも生活や通勤に随分影響が出ているようです。(普段なら10分で行けたところが、1時間20分ほどの時間がかかる所もあるそうです。)私たちも、熊本市内からこの南阿蘇村へはナビの案内通りには伺えず、山道を遠回りすることになりました。ドライブなら阿蘇山麓の雄大な景色を見れていいのですが、毎日のこととなると大変です。

 そしてちょうどその当日、熊本地震で唯一行方不明だった大学生のご遺体が、南阿蘇村の川の下流で見つかるというニュースもありました。

 地震から4か月が経とうとしていましたが、未だ傷跡の多く残る南阿蘇村の訪問となりました。


二日目 
(8月11日(木) 熊本市 最高気温 38.1℃)
熊本県 上益城郡 御船町

旧七滝中仮設住宅
(旧七滝中仮設住宅。手前は集会所)

 前回の御船町スポーツセンターの避難所でお世話になったNPO法人レスキューストックヤードの熊本事務所、「かたらんな交流館」に訪問しました。

 メンバー二手に分かれ、山中にある「旧七滝中仮設住宅」の集会所でも、鍼灸治療を行ないました。この仮設住宅に限らず、交通の便の悪いところが多く、入居の抽選に当たってもキャンセルされることがあるそうです。確かに、こちらもまわりに店舗などはなく、とても不便に感じました。

 この仮設住宅では、まだ自治会もできておらず、数日前に行われた「お茶会」に続き、2回目の集会所の利用だったようです。ひとまず仮設住宅には移ったものの、これからの生活に不安の様子でした。

 ここでは治療人数が少なかったため、一人あたりに時間をかけることもできました。その分、いろんなお話をお伺いすることもできました。被災者同士では話しにくい被災の状況や、身体のこと、家族のこと、外部から来たボランティアだからこそ話して貰えることも多かったように感じます。そういった悩みや不安などを吐き出してもらい、また現地のNPO団体に申し送りし、行政機関などにも繋いでもらえることは、私たちの重要な役目ではないかと思います。

 また、前回訪問の御船町スポーツセンター(避難所)で治療を受けられた方で、「2日連続治療を受けて、痛みがすっかりなくなった」という嬉しい声を聞くこともできました。その後の様子を聞けることも、継続して訪問することの利点です。

 そして活動終了後、現地の職員さんに、熊本の「よかとこ」も多く教えて頂きました。熊本城の眺めの良い所、熊本の美味しいもの、馬刺しやラーメンの美味しい所、またゆっくり熊本観光もして帰りたいと思いました。


三日目 
(8月12日(金) 熊本市 最高気温 38.0℃)
熊本県 上益城郡 益城町

よか ましきハウス201608
(よかましきハウス。奥に、避難所の益城町総合体育館があります。)

 前回訪問した益城町総合体育館避難所の横にあり、地域の方々が集う「よか ましきハウス」に伺いました。こちらでは、隣の体育館の避難者に限らず、近隣に住まれる被災者や、支援者、ボランティアの方々に対しても、治療を行ないました。メディアでよく聞く避難所でもあって、多くのボランティアが入られています。この日も関西から来た大学生たちが、ボランティア活動に従事されていました。

 治療の方は、一時ベッドや椅子が埋まる程の盛況でした。治療を受けられる人が減ってきたな~と思えば、避難所で館内放送を入れて頂き、またぞろぞろと。前回訪問で治療を受けられた被災者の方とも再会を果たし、喜び合いました。避難者だけでなく、現地の職員さんが治療を受けに来られたのも印象的で、こういったスペースの利点と感じました。

 ここも避難所に併設されているので、いつまで存続されるかはわかりません。しかし、避難所は閉じても、次は仮設住宅へと移っていきます。この益城町では、516戸という県内最大の仮設住宅「テクノ仮設団地」が完成しています。そこへ入居が決まっている避難者の方もおられました。「次は是非仮設住宅へ来てください!」という声もかけられ、また次回以降の訪問を約束しました。



 今回、家族でボランティア活動に参加しました。小さい娘を連れていくことに躊躇しましたが、温かく迎えられ、良い雰囲気で治療を行なうこともできました。特にグループホームでは、表情の乏しかった高齢者の方が、笑顔で娘と接してくれて、嬉しく思いました。気苦労もありましたが、連れて行けて良かったと思います。復興する被災地の様子を見に、また家族でも伺いたいと思います。

 SORAの患者さんにも、長い休みでご迷惑おかけしました。ボランティアで得た経験を治療へも活かしていきたいと思います。ありがとうございました。

カテゴリー: ボランティア / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2016/08/20 16:57 ] ボランティア | TB(0) | CM(0)

第1回熊本ボランティア3日目

1日目はこちら
2日目はこちら

3日目  7/12(火)

益城町総合体育館全体

 この日は、メディアでもよく取り上げられた「益城町総合体育館」での施術を行ないました。800人程おられるという避難者をはじめ、現地職員、ボランティア、報道関係者と思われる方々、多くの人を見かけました。規模が大きいこともあって、他のボランティア団体も次々と入られているようでした。

 入口近くの事務所で手続きをし、避難所の通路のようなところを案内されます。そちらにベッドを広げ、施術に取り掛かります。通路ということもあって、肌が露出しないように、鍼・灸も使わず、ローラー鍼のみでの施術になりました。ここでも次から次へと施術希望者がおられたため、途中から通し番号を付けたカルテに記入してもらい、時間の許す限り、順番に施術させていただきました。そうすることで、あとどれくらいで自分の順番が回ってくるか把握でき、その待ち時間で用事を済ませて戻って来る方もおられました。施術に手一杯で、受付の対応ができないときは、効果的なアイデアでした。

 ここでよく伺ったのが、「食事が偏っている」ことでした。朝はおにぎり、昼はパン、夜はお弁当。あるご高齢の女性は、お弁当の肉類は、食べられないので捨てていると言われていました。となると、ほぼ炭水化物…。短期間であれば我慢はできても、もう避難生活が3ヶ月続くと思うと、栄養面の心配が募ります。それに追加して炊き出しなどもされてはいましたが、1000人分近くともなると、それも毎回は大変です。運動もしないし、体重が増えた、HbA1cが上がったという方もおられました。

 そして症状としてよく伺ったのが、「こむらがえり」です。ちなみに熊本の方言では、「からすまがり」と言うそうです。(標準語だと思って使われている方もおられました。) 運動不足、内臓の不調、栄養不足も関係していると思います。痛みやコリ、筋痙攣など、大きな病気ではなくとも、QOLを低下させます。そういった細かなトラブルに対しても、鍼灸やマッサージが今必要とされることでしょう。

益城町総合体育館
(体育館前の道路。道が畝っているのがわかります。)


 その後、ベッドの返却や活動報告の為に各機関に立ち寄り、今回の活動が終了しました。振り返ってみると、初めての訪問なので当然ですが、今回施術をしたほぼ全員が、私たちにとって初診になります。(二日連続して訪問した所は、再診の方も数名おられます。) 初めての人に、短時間の施術で、身体の様子を察し、効果も出して、その後のセルフケアにも誘導できるようにとなると、かなりの労や勘も必要とします。でもそれは私たちボランティアにとっても良い経験で、いわば武者修行のようにも感じました。

 このような機会を与えて頂いた、被災地の方々、関係者の皆さん、快く送り出してもらえた、SORAの患者さん、家族にも心から感謝いたします。ありがとうございました。またこれからもしばらく熊本支援を続けていきますので、今後ともよろしくお願い致します。

カテゴリー: ボランティア / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2016/07/25 18:35 ] ボランティア | TB(0) | CM(0)

第1回熊本ボランティア2日目

1日目はこちら

2日目 7/11(月)

 昨日見過ごした、益城町に向かいます。付近の高齢者が避難される特別養護老人ホーム「ひろやす荘」での施術になります。

ひろやす荘
(とても立派な建物でした。)

 仮設住宅への移転も決まり始め、避難者は少なくなっていましたが、その避難者と支援看護師の施術を行ないました。看護師さんも全国からボランティアとして集まられ、夜勤などもこなされていました。こういった支援者を支える支援ということも念頭に置いて活動しています。

 ここでの施術が終えると、私以外のメンバーが先に向かっていた御船町スポーツセンターへ向かいます。昨日に続き、到着すると予約でびっしり詰まっている様子でした。昨日受けて楽になったと二日連続で受けられる方、その話を聞いて初めて鍼を受けられる方、いろんな避難者の方が、治療を受けに来られました。

 私たちの活動の特徴は、セルフケアを推奨することです。その場限りの施術に終わらず、ローラー鍼や簡易灸をお渡しして、その後もご自身やご家族でケアしてもらえるようにしています。この日も、昨日配ったローラー鍼を片手にコロコロされている姿を見られたのは印象的でした。

 こちらでの施術は、避難所を管轄されている団体ではなく、支援に入られているNPO団体の方に段取りして頂きました。二日間の活動終了後、その職員の方へ申し送りをする時間も設けて頂きました。施術を通して、気になった避難者のことなどをお伝えします。200名もの避難者がおられ、また他の避難所から最近移って来られた方もいます。全員の様子を把握することは難しいですし、入所時に全てのことを伝えられていないこともあるようです。その点、私たちのように外部から来たボランティアには話しやすいことがあったり、身体に触れられることで心を開きやすかったりと、本音を語ってくれることもあります。それらを、地元の支援者の方に伝え今後の支援に役立ててもらうことも、ボランティアの大事な役割ではないかと思います。

御船町ゆるキャラ「ふねまる」
(御船町のゆるキャラ 「ふねまる」)

カテゴリー: ボランティア / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2016/07/23 12:28 ] ボランティア | TB(0) | CM(0)

第1回熊本ボランティア1日目

 先週、「はり灸レンジャー」のメンバーと、熊本にボランティアにいってきました。仮設住宅への入居が始まっているものの、まだ多くの避難者のいる「避難所」での治療が主でした。その様子を3回にわたってレポートいたします。

1日目  7/10(日)

 熊本駅で合流したメンバーとともに、「被災地障害者センターくまもと」に行きます。東日本大震災で活動するきっかけ、つまりは「はり灸レンジャー」のはじまりの足掛けともなった、被災障害者支援の熊本での拠点です。

 ちょうどその訪問前に、熊本市のお知らせとしてSOSチラシを4万枚?配布されたようで、SOS(支援要請)の電話が次々と入っているところでした。その慌ただしい中だったので、こちらでは挨拶と今後の支援の相談をして失礼しました。

 そして、日頃からおつきあいのある「鍼灸地域支援ネットワーク」のご厚意により、施術用のベッドを借りるために「益城町(ましきまち)」に入ります。熊本市内でも傾いた家屋や、赤紙、黄紙、営業中止等の張り紙は見かけましたが、益城町に入るころには、その風景もがらっと変わります。

益城町内道路
(道路を走っていても、今余震が来たらと、危機を感じます。)

 こちらでの支援は、明日、明後日になるので、その町並みを見過ごして、今日の目的地、「御船町(みふねまち)」に向かいます。

 御船町スポーツセンターという大きな体育館のある避難所で治療を行ないます。未だ200名ほどの避難者がおられるそうです。東日本大震災の直後では、福祉ボランティアとして現地入りしていたので、鍼灸ボランティアとして震災直後の「避難所」に入るのは初めてでした。

 こちらでは現地NPO団体の案内で、避難者の方々に施術させて頂きました。先週、「鍼灸支援ネット」の鍼灸ボランティアが入っていたこともあり、ベッドなどの準備中からも、避難者の方より治療をお願いされました。私たちメンバー3人では対応しきれないほど希望者が来られたので、時間予約制にして、それでも当日見れない人は明日来てもらうように予約を取るほどでした。今まで東北で行なってきた仮設住宅よりは、居住スペースに近い所での治療だったり、館内放送で案内が入れられたりしたこともあってか、大盛況でした。

 やはり、慣れない居住空間での生活での身体の不調をあちこちと訴えられていました。「一時的な避難のつもりだったのに…」と、度重なる余震や集中豪雨(滞在中も体験しました)による復興の遅れに対するフラストレーションも感じました。その身体的、精神的なケアが、今必要とされていると感じた初日の活動でした。

カテゴリー: ボランティア / SORA鍼灸院 芦屋
 
[ 2016/07/22 09:24 ] ボランティア | TB(0) | CM(0)

韓国の結婚式

もう1週間が経ってしまいましたが、先週末は治療院を休ませて頂き、韓国にいってきました。
副院長の友人の結婚式に、家族で参加させていただきました。

今回の結婚式会場は、仁川(インチョン)のGRAND OSTIUM
2002年に日韓共同開催のサッカーワールドカップで使用された競技場にできた、結婚式場です。

GRAND OSTIUM 外観
(娘がどこかに隠れています)

まずは、日本と同じく受付のような所で、「お祝儀」をお渡しします。
後にも書きますが、韓国の結婚式は、式が終わってから、食堂のようなところで食事をします。
その時に必要となる「食券」のようなものを頂きます。

式の前に、友人である新婦の控室にあいさつに行きます。
あまりに綺麗なウェディングドレス姿を見て、副院長も思わず涙していました。
(顔写真が公開できないのが残念なくらい美しかったです。)

そして、日本語のできる親族の方に案内して頂き、会場で待ちます。
まずは、教会式の結婚式です。

韓国教会結婚式

まず、新郎新婦のお母様が、手をつないでバージンロードを入場され、式が始まります。
神父さんの話は韓国語なので、ほぼわかりません。
新郎による日本でいう土下座のような深いお辞儀(クンジョル)も、特徴的でした。
式が終わると、写真撮影が行われます。

式後の集合写真

まずは親族の方々が集まって写真を撮られていました。
これで終わりだと思い、私たちは食事会場へ向かいます。
(実はこの時、友人たちとも写真撮影する機会もあったようですが、逃してしまいます…)

前述したように、韓国の結婚式では、式後に、食事をとります。
食堂のようなところへ行き、好きなテーブルに座ります。
ちなみに他の結婚式の招待客も、同じ会場で食事します。
とても合理的です。

GRAND OSTIUM 食事会場
(ここでは、スタジアムを眺望しながら食事ができました)

食事は、自分で取りに行くビュッフェスタイルです。
あまりの品数に圧倒されてしまいました。

韓国結婚式バイキング

その招待客が食事している間に、新郎新婦は、伝統的な婚礼儀式 「ペベク」 を行ないます。
今回は早くに食事を終え、特別にその様子を途中から見学させて頂きました。
(式後の写真撮影を待たなかった「怪我の功名」です。)

韓国伝統結婚式

伝統衣装も素晴らしくお似合いなお二人でした。
これからも末永く幸せに過ごされることを、心からお祈いたします。


実は、この前々日から新郎新婦には、空港へ迎えに来て頂いたり、一緒にご飯を頂いたり、ご実家に案内して頂いたりと、至れり尽くせりの韓国滞在でした。
日本人以上に、おもてなしを感じました。
本当に心から感謝申し上げます。

ちなみに帰国途中から院長は体調を崩していましたが、今は元気に復活しています。
美味しいからといってご馳走の食べ過ぎには注意です。


韓国結婚式食事風景

 
[ 2016/07/01 13:29 ] 考え事 | TB(0) | CM(0)
カテゴリ